ロト7の当選確率が上がった「データを元に購入」

ロト7の購入方法を変えた

毎週ロト7を購入していたのだが、闇雲に数字をチョイスして全て外していた。

こんだけ、当たんない人も珍しい。

(-_-; ウーン

他の人は時々、当ててるのよ。

4等とか5等だけどね。

 

なので買い方を変えた。

すると、当たり始めた。

5等とか6等とかなんだけどね。

とりあえず、1か月に1回くらいは当たるようになったな。

 

1000円とか2000円当たると、気分としては、

ビミョ~…(-ω-;)ウーン

数億円を期待して買ってるから、逆に凹む時もある。

“ロト7の当選確率が上がった「データを元に購入」”の続きを読む

会社に不要な人材「使命感に熱い司令塔」

仕事に使命感を感じる人

警察がよく起こす不祥事で、調書を捏造するという事例がある。

成果を上げる事に執着してしまい、成果をエンピツ1本で作り上げてしまうのだ。

こういう手段を用いるのは警察だけではない。

サラリーマンは日々、捏造を繰り返している。

 

そんな捏造が得意なサラリーマンの背後には、必ずこんな人物がいる。

熱い使命感に燃える司令塔。

大抵が、管理職だ。

 

口先だけの指図しかしない主義らしく、思い通りにならないもどかしさから、口調ばかりが激しくなり、終いには部下の人格を否定する。

部下が上げる成果を自分の成果と感じてしまう者が多く、強欲な性格である事がよく分かる。

彼らは自分に都合の悪い結果は、一切受け取ろうとしない。

結論を勝手に決めつけているのだ。

その結論に至らないと許さないのだ。

 

自分の所属する組織から、自分が期待されているという勘違いが、『熱い使命感』の根源だろう。

『使命感』を感じれば感じるほど、勘違いが甚だしいのが窺い知れる。

『使命感』を感じれば感じるほど、視野が狭くなり「こうでなくてはいけない」と思い込む。

 

周りが見えなくなってしまい、自分が決めつけた結論に猛突進していくのだ。

周りが見えない鼻詰まりのモグラが、ガムシャラに進み始める。

途中課程にある細々した事は、都合が悪いから払い除けてでも、自分の理想に近づいて行こうとする。

“会社に不要な人材「使命感に熱い司令塔」”の続きを読む

辞めてくれない社員「会社を辞めない理由」

辞めてくれない社員

辞めてほしいのに辞めてくれない社員というのがいる。

経営者にも他の従業員からも、辞める事を熱望されている社員だ。

そんな社員というのはどういう人物かというと、

  • 仕事をやろうとしない
  • 周りの人に危害を加える
  • 勤務態度が悪い
  • 会社に文句が多い

これらの症状が複合的に表れる社員が、辞めてほしい社員だ。

仕事をやろうとしない

仕事が出来ないとかいうのではなく、仕事をやらない社員。

他人に仕事を押し付けるクセがあり、それが原因で周りの社員と不和を起こす。

仕事をした事も無いくせに、仕事がデキるような口を叩く。

周りの人に危害を加える

仕事場で仕事を放棄する事に全力を尽くしているため、自分に都合が悪い事が多々起きる。

そういう状況下に置かれると、決まって他の社員のせいにしようと攻撃的な態度を取る。

人の好き嫌いが激しく、上下関係にこだわる性格でもあり、人を選んで過剰に横暴に振る舞う。

『強さ』へのこだわりがあるっぽい。

勤務態度が悪い

遅刻したと思ったら、お昼過ぎにのうのうと出勤してきたり、酷い者になると会社にビールを持参してきたりする。

なぜか、会社に自分の友達を読んだり、友人と仕事中に会社の電話で通話したりしている。

会社に文句が多い

仕事もせず、昼過ぎに出勤するクセに給料が少ないなどと、身の程をわきまえていない文句を垂れる。

仕事をまともにした事が無いくせに、給料が自分の能力に見合っていないとか言う。

自分に対して盲目過ぎる。


 

分かりやすく例えると、大手企業の使えない偉そうになった管理職が、年食って中小企業に転職してきて新入社員になった、と想像すると分かりやすい。

仕事は一切しないし、他人に攻撃を加えて来るだろう?

戦力として使い道がない上に、害まである。

こういうのがいると、普通の会社は困るのよ。

そんな奴は要らないの。

“辞めてくれない社員「会社を辞めない理由」”の続きを読む

会社の評判「社員を脅して評判が良くなるの?」

会社の評判

大手企業は会社の評判がネットでチャートやランキングで確認できる。

こういう評判を異常なほど気にしている会社があった。

やはり、それなりに名の知られた会社である。

 

元々がブラックも甚だしい社風だったのだろう。

残業を減らそうとしても、社員が残業する事をいい事だと信じ込んでいて、いつまで経っても残業が減らない。

残業まみれという状況を作るために、空仕事をつくるのもクセになっており、忙しい時でもしなくていい事を積極的にやろうとする。

ブラックな汁が社員に染み込んで取れないようだ。

超ヽ(゚∀゚*)ノブラ━━━ック♪

古ぼけ社員が社風をダイレクトに感じさせる。

 

ブラックな会社というのは、全てを社員に強要・強制する傾向にある。

そのやり方は脅しだ。

( ꒪ д꒪ )┌┛)๏д๏)ノブホッ!

怒鳴り上げたり、評価をネタに部下をゆする。

これしかやり方が分からないような人材しかいない。

“会社の評判「社員を脅して評判が良くなるの?」”の続きを読む

営業に向いていない人「本人はやり手のつもりらしい」

営業の奇妙な行動

営業マンが奇妙な行動をとる会社があった。

時々、営業マンが大きな花束を持って、事務所内をウロウロしているのだ。

『お気に入りのホステスにでも、入れあげているのか…?』

( ̄Д ̄;;

なんて思ってたがどうも違う。

 

花束をもって出かける営業マンは、そいつだけではないようだ。

女性社員も花束を抱えて、客の家を訪問している。

しかも、花束は会社の経費で事務員が発注している。

 

事務員に花束の真相を聞いてみた。

すると、『お客様の記念日』なのだという。

意味分かんねぇんだけど。

L(゚□゚)」ナニユエ!?

“営業に向いていない人「本人はやり手のつもりらしい」”の続きを読む

防衛機制という心理「抑圧されると逃避する」

防衛機制という人間の持つ心理

『防衛機制』というのは、人間が自分を守るために持つ心理。

多分この心理が職場で起こる『パワハラ』『モラハラ』の根源かも知れない。

欲求不満などによって社会に適応が出来ない状態に陥った時に行われる自我の再適応メカニズムを指す。

もっと簡単に言っちゃうと、

自分を正当化するという行為。

 

「失敗」や「能力の欠如」、「落ち度」や「欠点」を、自分で認められない、受け止められないという時に『防衛機制』が働きます。

「そんな事ないもんっ」

「そんなはずないもんっ」

「そんなんじゃないもんっ」

こういう感情を黙ってればいいのに、言動に出しちゃう人がいるわけです。

“防衛機制という心理「抑圧されると逃避する」”の続きを読む

客に見切りがつけられない営業マン「コンコルド効果」

客に見切りがつけられない

見込みがない客を手放せない営業マンは多い。

いつまでもその客1人に執着してしまい、他の客以上にのめり込んでいく。

いくら他の社員が咎めてもその事実を否定し、さらにどうにかしようとし始める。

止めれば止められるほど、のめり込んでしまうのだ。

 

クレーマーの予兆を感じる客というのも存在する。

事ある毎に「どうしてくれるんだ」と、嫌な予感を感じさせる客。

大抵、金銭的に賠償させるという名目で支払いを拒否しようとする客だ。

見切りがつけられない営業マンは、こんなクレーマーにものめり込む。

 

見切りがつけられないというのは、

リスク回避が出来ないという事。

リスクとは損益。

損益目がけて頭から突っこんでいく営業が多いのだ。

コンコルド効果

コンコルド効果と言うのは、簡単に行ってしまうと

「もったいない」

という感覚。

貧乏根性とでも言おうか。

ある対象への金銭的・精神的・時間的投資をしつづけることが損失につながるとわかっているにもかかわらず、それまでの投資を惜しみ、投資をやめられない状態を指す。

この感覚は子供には備わっておらず、大人の損得勘定が起こす判断ミス。

最終的に出してしまう結論は『失敗』

周りの人間からすると「なるべくしてなった」という状態。

実は自分でも薄々感じていたでしょ状態だったりする。

“客に見切りがつけられない営業マン「コンコルド効果」”の続きを読む

女らしさは演技です「女が女を演じるとき」

女は女を演じている

女は『女という生き物』を、演じながら生きている。

男の頭の中にある『女らしさ』を演じる事で、女をやっているのだ。

女なんて、オッサンだ。

ヾ(-д-;)オイオイ…

 

オッサン女が『女らしさ』を、私に向かって発揮してきた。

「あっ、肩にゴミが付いてます」

「肩に髪の毛が…」

なんて言いながら手を伸ばして来る女っているだろう?

 

あれ…ホントは何も無い。

w(゚0゚*)w ナンデスト‼

本当に何もないんだよ。

ゴミも髪の毛も。

 

あれは多分、女の常習テクニックだ。

(*゚ー゚)ニヤッ

大抵の場合、こちらの視界に入らない所に手を伸ばして来る。

でもある時、女がシクりやがった。

私の見える所に手を伸ばしてきたんだ。

 

何も無いのに何かをつまみ、手をパンパンって払ってさもゴミを払いましたという演技をした。

パントマイムや‼

(ノ_-;)ハア…ナニガシタイノ?

“女らしさは演技です「女が女を演じるとき」”の続きを読む

確証バイアス「間違えた情報ほど欲しがる人の心理」

確証バイアスとは

『確証バイアス』というのは、人間に備わっている機能。

  • 自分に都合の良い情報だけを集め、それを信じ込んでしまう。
  • 自分の都合に合わせて解釈する。
  • 自分にとって都合の悪い事は、自分勝手に排除する。

人が誰でも持っている機能。

人が生きていくのに、都合の悪いことまで全てを受け入れなきゃいけないとなると、追い詰められて行き詰ってしまうから、こんな変な機能が備わっているのだろう。

自分を安全地帯に持って行こうとしているのだ。

 

セイフティーな逃げの機能。

ニャハハ(*^▽^*)

 

ただ、この機能は安心を得たいという自分の希望に添わせていくだけの機能。

自分が判断を付けられない事柄においては、判断ミスを犯す種となる。

超・デンジャラスな機能なのだ。

ガ━━(゚Д゚;)━━ン!

“確証バイアス「間違えた情報ほど欲しがる人の心理」”の続きを読む

カサンドラ症候群「職場で症状が出てる人いるよね」

カサンドラ症状群とは

通常『カサンドラ症候群』とは、夫婦間の間で起きる症状。

アスペルガー症候群の伴侶を持った人が、コミュニケーションを取る事が困難で精神的に追い詰められ、身体的にも症状が現れるというもの。

コミュニケーション取れない人の横にいると、心身ともに追い詰められてしまうというもの。

“カサンドラ症候群「職場で症状が出てる人いるよね」”の続きを読む