派遣社員を面接するのは違法行為だったのか

派遣労働者を派遣先企業が面接しちゃいけない

大手企業なんかで、派遣社員を調達する時、管理職のおっさんが普通に面接をしていた。

これが普通の事だと思っていたが、どうやら違うらしい。

派遣労働者を面接で選り好みするのは違法のようだ。

日本の企業と派遣会社は、違法行為を働きまくってるのではなかろうか。

 

経団連が派遣労働者の事前面接ができるように派遣法の改正を求めている記事を見付けた。

「いわゆる事前面接」求めるべき⇒

え~…?派遣労働者まみれのメーカーも派遣会社も、勝手に事前面接してるぜ。

派遣法なんて、あってないようなもんだな。

派遣法を訳のわからん方向に改正しまくったりと捏ね繰り回した割には、何の効力もないという有り様ですか?

 

今の時点で労働者派遣法はこうなっているらしい。

労働者派遣(紹介予定派遣を除く)の役務の提供を受けようとする者は派遣契約の締結に際し、派遣労働者を特定することを目的とする行為をしないように努めなければならない。

紹介予定派遣は…面接をしてもいいという事だな。

でも、現実企業のやっている事を見ていると、そういう風になってはいない。

正社員になどする気もない派遣労働者を面接で不採用にしている。

派遣会社が取引先にしたい派遣先企業の言い成りになってるんじゃないの?

労働者派遣法を遵守できないような派遣会社ばかりじゃないの?

労働者派遣法を守れない派遣会社と、労働者派遣法を理解していない派遣まみれの日本企業。

派遣なんて雇用形態が増え続ける日本のダメ企業が取り締まれないダメ日本。

“派遣社員を面接するのは違法行為だったのか”の続きを読む

個人情報保護法「企業が個人情報をかき集めてるし」

個人情報保護法

企業内で『個人情報の取り扱い』なんてのを、口を酸っぱくして社員達に説明している企業が最近は多い。

そして、そんな企業というのは、おかしな事をしている。

個人情報をかき集めているのが目に付く。

「個人情報の取り扱いに気を付けているので、あなたの情報を下さい」

個人情報くれくれ感が激しい。

 

個人情報の取り扱いについて社員達に熱く語る大手メーカーの管理職。

その管理職は、社員の知り合いにアンケートを書かせて個人情報を無意味にかき集めていた。

なぜ、使いもしない個人情報をかき集めたのかというと、アンケートのかさまし作業。

顧客のアンケートの枚数が少ないという事は、その支店は営業活動を怠っているというのが丸分かりだから。

 

そう…この大手メーカーの支店の営業マンは、事務所でお喋りしてて仕事してないようなのばっかり。

仕事を全然しないクセにプライドだけは高いから、他の支店よりもアンケートの数で負けたくないとか、サラリーマンの個人的な感情の元で個人情報をかき集めているわけよ。

“個人情報保護法「企業が個人情報をかき集めてるし」”の続きを読む

即戦力を求めすぎ…

日本企業は即戦力を求める

日本の企業は人材育成能力が無い!

見て来た限り、皆無に等しい。

だから、採用面接で『即戦力』を求めてしまう。

即戦力を求めている企業ほど、能無し社員の吹き溜まりという事。

 

最近の企業は、人材採用に非常に慎重なようである。

なかなか決められない…選り好みで選りすぐりを探し求めているようだ。

たくさんいる中から選べるという満足感から、優秀な人材を選んだという錯覚に浸ってしまうのだろう。

その場で決められないという事は、人を見る目などないという事。

 

業務における必要なスキルが備わっている人材に決定すればいいだけなのに、なぜか選びに選んだノンスキルなトンチンカン人材。

なんで、これを選ぶのか…。

“即戦力を求めすぎ…”の続きを読む

人手不足の原因『時代錯誤人材』

人手不足?

どこの会社に行っても『人手不足』を深刻な問題として口に出す。

そして、その人手不足に悩んでいる社員というのが、業務に加わらず会社内をブラブラと歩き回っている。

挙句の果てには、他の忙しい社員を捕まえて自分のお話の相手をさせている…。

 

人手不足という割には、オフィスの中にデスクは余っておらず、昔と比べると売り上げは確実に落ちている。

要するに、仕事の量は減っているのに、人ばかりいる状態。

なのに、残業を強いなくては会社が稼働しないという状況が出来上がっている。

これ…おかしいでしょ。

“人手不足の原因『時代錯誤人材』”の続きを読む