残業規制の問題点は『サービス残業』の存在

残業規制で残業が減らないんですが

転職したのはいいが、なぜか面接時の業務内容と全く違う事をしている自分。

どうしてそうなったのかというと、残業を減らそうという取り組みに本社が躍起になっているからだろうと思う。

どうにかさせようと管理職をつつき回しているのだろう。

管理職が他の社員に業務を手放し、新入りの私に渡すように指示を出しているっぽい。

 

どうでもいいが、今私が置かれている状況は酷い。

休憩時間を削り、定時に帰るために相当無理をしている。

それでも、時間が足りず定時から足が出るという状態。

どうしてこういう事になったか、分かるだろうか?

 

『残業時間を削減する』

これをお題にして自分の業務としている本社の背広組は、状況が全く把握できていない。

なぜ、自分の求めている結論を社員達が出せないのか分かるはずもない。

職場から離れた遠隔管理してるような人間は、状況把握なんか出来やしないからだ。

端から、お前なんかにゃ無理なんだよ。

“残業規制の問題点は『サービス残業』の存在”の続きを読む

やる必要のない仕事…やな、コレ

やる必要のない仕事をしている

やる必要のない仕事というのは確実にどこの会社にもある。

日本の企業にはとにかく多い、この『やる必要のない仕事』

あり得ない事に、自分が今そんな仕事をしてしまっている状況下にある。

 

転職先では『残業を減らそう』という風潮が強くなっており、私は他の社員の残業を減らすべく、色んな業務を引き受けている。

男女問わず、全ての部門の仕事を細々と渡されている状態である。

そんな業務の中、『やる必要のない仕事』が自分の業務になってしまった。

“やる必要のない仕事…やな、コレ”の続きを読む

欠勤する理由は『自己肯定感に浸りたい』からですね?

欠勤する社員

新入り社員が入社してくると、欠勤するという行動に出る社員というのがいる。

こういう行動を取る社員は、意外と多い。

それまでほとんど休んだ事がないような社員が、いきなり休み始めるから不自然なのだ。

 

この欠勤という行動を取る社員には思惑があり、その思惑を達成させるために会社を欠勤するのである。

その思惑は何かというと、

『自分の存在価値を高めたい』

これが欠勤社員の目的です。

 

自分がいなければ会社が回らない。

自分がいなければ、他の社員達が困る。

自分は皆から必要不可欠とされる存在である。

そう、自分で思い込みたいという願望と、そう周りに思い込ませたいという欲望が欠勤行為の原動力である。

 

そういう状況を捏造するために、仕込みをかけてから欠勤する。

そして、その欠勤行為を派手に演出するために利用しやすいのが新入り社員の存在なのである。

自分が欠勤して不在→新入り社員には対応不可能→他の社員が困る→自分の株が上がる

これが欠勤社員の頭の中の思惑ありきの想定。

自分が休めば全てが新入りに降りかかるという状態をこしらえる事が出来る奴である。

“欠勤する理由は『自己肯定感に浸りたい』からですね?”の続きを読む

隠れ社内失業者「一度仕事から逃げると二度とは戻れない」

隠れ社内失業者

『社内失業』というと、仕事を与えられない環境を職場で作られてしまい無言で退職を迫られているような環境に置かれてしまっているというような状態だろう。

でも、そういう社内失業とは違うジャンルの社内失業状態にある人というのがいる。

こういう人は意外と多くて、中年のオジサンに多い。

 

どういう人なのかと言うと、

  • どうでもいいような事ばかりやっている
  • 本来の仕事を手放してしまっている
  • 肝心な事から逃げてるフシがある
  • なんでいるのか分からない

景気が良かった頃には、周りも容認していたような事も、景気が悪くなり人手不足などが生じてくると、それまで容認してきた周りの社員達が問題視し始めるのだ。

これまで有耶無耶に隠れていた社内失業者が、浮かび上がって目立つ存在となり始めたのかも知れない。

なんか…見ていられない。

“隠れ社内失業者「一度仕事から逃げると二度とは戻れない」”の続きを読む

報告書の書き方「もっと簡単に効率良く書くために」

報告書や自己評価シート

報告書や自己評価シートなど、人事のオッサンが目を通し、人事評価にその内容を盛り込むという部類の書類の書き方の説明である。

あくまでも、勝手な評価をされたくないとか、自分の評価が他の社員と比べておかしいなどと感じた際に、参考に読んでみるといいでしょう。

通常の参考になる報告書の書き方とは、ちょっと違う内容である。

しかしながら、大手メーカーでそれなりに昇進した上司から、ド直球な表現でレクチャーしてもらった事なので、参考になるという人もいるかも知れない。

“報告書の書き方「もっと簡単に効率良く書くために」”の続きを読む

ネームドロッピングで自分を飾る

ネームドロッピングとは

ネームドロッピングというのはこういう事。

ネームドロッピングとは、有名人の名前を自分の知人であるかのように持ち出して自慢話をすること。

知り合いでもないのに、さも知り合いかと思わせるような口ぶりで、他人の名前を出すのである。

自分に関心を持ってもらおうというつもりのようだが、名の知れた人の名前を借りて知り合いのフリまでしないと、人から相手にされないという人。

 

精神疾患の人によく見られる行為で、『演技性パーソナリティ』という、自分に関心を持ってもらいたいという願望が強すぎて、作り話で人の気を惹こうとしたり、騒動を起こすクセがある人に、このネームドロッピングという行為がよく見られるという。

ネームドロッピングの目的

ネームドロッピングという行為の目的はこんなとこだろうか?

  • 自分に関心を持ってほしい・構ってほしい
  • とにかく自分を大きく見せたい
  • 何でもいいから自慢したくてたまらない

多分こんな感じ。

自分に関心を持ってほしいという願望が強いようだが、接触するとつまんないという人間にネームドロッピングは必須手段のようである。

自分を大きく見せたいのだが、小粒過ぎて他人の名前を借りなきゃそれが達成できない。

自慢したがりが過ぎて、若干病的なまでに自慢に拘る人間にも如実に見られる現象がネームドロッピングであろう。

“ネームドロッピングで自分を飾る”の続きを読む

同調圧力の強い日本の職場

同調圧力が強い

日本の企業って、どこに行っても同調圧力が必ず存在する。

その会社組織の同調圧力をかける社員を個々に見てみると、なんとも言い難い人間であるため、会社が方向違いな方へと進むのもよく分かるのだ。

  • 自分に意見がないため、他人に便乗
  • 本来の目的は見失っている
  • 業務能力が低め
  • 判断能力は皆無

基本的に考え方が非常に幼く、同調圧力をかけてくる際にも行動や発言が幼い傾向が強い。

業務においてやるべき事があるわけでもなく、業務において進むべき方向に進みたいわけでもない。

何がしたいのかと言うと、

  • 権力の誇示・威圧
  • 他者への嫌がらせ

人に嫌がらせをするのが真の目的である。

権力を誇示したいがために、自分の言い分を大勢の同調に後押しされて付き通そうとするわけだ。

人の意見の反対を言い始め、そのおかしな言い分を通せる自分達は超偉いんだ的な。

 

自分が全てを取り仕切る。

「俺さまがポストが青いと言ったら、日本のポストは青いんだ」

こういう世界を生きる集団。

要するに、言っている事はほとんどが間違えているという事。

間違っている事ほど、無理強いして肯定させると、自分の権力を偉大だと感じられる。

“同調圧力の強い日本の職場”の続きを読む

『実力主義』の会社ほど実力が通用しない理由

実力主義の会社のはずでは…

『実力主義』

このワードを多発する社風の企業というのがあります。

「うちの会社は実力主義だからな」

「実力主義のうちの会社で生き残れるかな」

「ここは実力主義だからな、実力の無い奴はいらないんだよ」

上司や先輩にこんな事を言われた事がある人多いと思います。

 

「この会社は実力主義だ」

そう聞かされるとそれを真に受けてしまいます。

真に受けた人はその実力主義をこういう風に捉えるでしょう。

  • 実力のある人しかいない会社
  • 役職の付いた者はかなりの実力がある
  • 実力がなければ会社を出て行かなければいけない
  • 実力があればどこまでも昇進できる
  • 実力を認めてもらえる環境

自分で実力があまりないと感じている者は恐怖を覚え、実力のある者には魅力的な環境だと受け止めるでしょう。

 

そして、その会社を数か月ほど見ていると、ある矛盾に気付く。

『実力のある者などいない…』

実力主義の会社なのに、実力のある人材がいないのである。

そして、実力主義の会社ほど、実力のない社員達で溢れている。

肩書きの付いた社員のやっている事を見れば見るほど、実力からかけ離れたような事ばかりしている…。

 

これ、なんでだか分かります?

“『実力主義』の会社ほど実力が通用しない理由”の続きを読む

人を見た目で判断してはいけない

人は見た目が100%

「人を見た目で判断してはいけない」

そう私に教えてくれた人はこうも言う。

「人は見た目でだいたい分かる」

どっちやねん!てきな発言だが、これに関してどっちが正解という事はない。

どっちも正解のため、気を付けろという事だ。

 

「人を見た目で判断してはいけない」

こういう風に教えられると、「見た目で差別してはいけません」という道徳的な教えだと思うだろう。

でも、これ違う。

“人を見た目で判断してはいけない”の続きを読む

権力を誇示する人

権力を誇示したくてたまらないんだ

豊田真由子議員の秘書いじめ。

あの音声を聞いていると、『自分の力を誇示したくてたまらない』という衝動に駆られているのが分かる。

気が振れてしまっているほど勢いづき、結果として自分の口がついて来れていない。

そんな滑舌の悪さが、気になってしょうがない。

豊田真由子議員の罵声をまとめてみた⇒

半狂乱で稚拙な同じセリフばかりを連呼しているせいだろうか、声がカッスカスで汚ねぇ…。

罵詈雑言のセリフ回しを聞いている限り、頭の良い女ではないと思うが…。

 

権力を誇示する割には、要所要所で女を出して来るな。

「私の心を傷付けるなぁ”ぁ”ぁ”ぁ”…」

心が痛いみたいな事言ってるし。

権力を誇示しながら、ややこしい女の部分も出して来る。

面倒な性格なんだろうなぁ…この人。

 

メディアが眉毛を失敗している写真をあえて使っている事に、愉快な悪意を感じます。

うねくり上がって、今にもくっ付きそうな眉毛。

めり込んだほうれい線。

完璧な経歴のエリートなのに、眉毛でシクってる。

理性や倫理観を持ち合わせていない人だと判断されると、人はその人物に対して倫理観や理性を解除して接するようになる。

そのため、ツッコミどころ満載の彼女の顔面を皆がツッコむ。

“権力を誇示する人”の続きを読む