日本企業長寿の秘訣

日本企業は世界的に見ても長寿らしい

日本企業は世界の中でも長寿な企業が多いらしい。

100年超えるとご長寿企業と呼ばれるようになる。

 

「世界一受けたい授業」で、ハーバード大学で教えている日本の事という特集を見た。

日本の企業が長く続く理由は何かという授業。

その時に出てきたのが『金剛組』

神社やお寺の建設で有名な宮大工集団の建設会社だ。

 

『金剛組』の名前を聞いた時、「あれ?」って思った人もいるだろう。

そう、今は高松建設の子会社になってしまってるもんね。

自力で継続不可能になってしまってる。

まぁ…時代の流れや景気に左右されたりと色々あるんだろう。

でも、千年以上続いてきた事は紛れもない事実である。

創業578年で、今が2017年だから…1439年存続している。

さすがに、これは脅威的である。

“日本企業長寿の秘訣”の続きを読む

仕事でチャンスをつかむには

仕事でチャンスをつかむ人

仕事でチャンスに恵まれている人っていると思います。

『こいつばっかり…』

こう思われている人です。

 

こういうチャンスに恵まれている人というのは、チャンスというものが見えません。

しかし、チャンスに恵まれない人というのは、チャンスというものが見えるのです。

チャンスが見えない人がチャンスを手にして、チャンスが見えるはずの人がチャンスを手に入れる事が出来ないのです。

 

チャンスを手にしている人を見て妬んでいる人には、見えるはずのないチャンスが見えるという不思議な現象が起きます。

人が手に入れたのもが羨ましい…。

これこそが『チャンス』の正体。

 

他人の持っているものを羨み妬む人には、チャンスという見えるはずの無い光を放つ玉が見えるようになるのです。

自分以外の人がそれを手にした途端、光を放ち始めるのです。

隣の芝生は青い現象の事です。

“仕事でチャンスをつかむには”の続きを読む

企業がデータを改ざんしなきゃいけない背景

データ改ざんなんて当たり前じゃね

日本の企業が作る製品は『完璧』じゃなきゃいけない。

これを誰しもが求めてくる。

数値なんかない物を数値化しろとか、設けた基準が振り幅なくてガッチガチ。

どこから持って来た数値なのかすら、わけわかんないようなものまで存在する。

どうして、そんな状況が生まれるのか。

 

神戸製鋼がデータ改ざんして製品を出荷してたってニュース。

神戸製鋼データ改ざん⇒

大手企業がデータを改ざんしたってニュース聞いてどう思った?

「許せない」って思った?

それとも「こんな事していいのか!」って思った?

 

私は「だろうな…」って思った。

日本企業で働いて来きて現実を見てきた働く人間の目には、表沙汰にならなかっただけの当たり前の事実だ。

勝手な数字を突き付けて来られるから、データを改ざんしなきゃいけなくなる。

現場の声を無視して勝手な理想を押し付けてくるから、データは改ざんしなきゃ自社の中ですら乗り切れない。

ハードルばっかり作るだけで、現実を見ようとしない人が多すぎる。

 

自動車会社に製品を納めてたから、大量リコールの可能性が出てくるなんて書かれている。

そんな事しなくていい…。

今の車10年乗ってるけど、何も起きてない。

その車で10年道走ってるけど、通常の走行で日本車が強度不足でどうこうなってるのなんか見た事ない。

基準を満たしてないからって、基準がキツイ日本の製品は十分強度がある事くらい知ってるよ。

 

不正を許さないって正義感振り回すのは、現実知らない理想ばっかり追いかけてる人だよ。

そういう人がいるから、改ざんしなきゃいけない状況が出来るんだろ?

いい加減…分かれよ。

データを改ざんさせているのは、不正を許さないあんた達みたいな人だろ。

キッチリした理想的な事しか受け付けないその性質が、不正が起きる元々の原因なんだよ。

日本人の変なクセは数字集め

日本人を相手にする仕事をしているとよく分かるんだけど、数字欲しがるの。

「こんなんじゃ分かんないだろ」って、強い口調で数字を求めてくる。

数字なんか見ても分かんないだろって数字を異常なまでに欲しがる。

 

数値化すれば分かりやすいと感じるようだ。

で、数字渡す分かるのかと言うと、こいつら全員分かんないという始末。

意味の無い数字をいちいち時間かけて出したにも関わらず、その資料見て首傾げよる。

日本人って、超アホだから。

 

そんな超アホな日本人が働く場所では正確さを求めて数字を欲しがり、キッチリという理想の元消費者として数字を欲しがる。

嘘の数字渡しても、その嘘の数字に付いてウンチク語り出すのが、インテリの日本人だよ。

仕事で客に数字求められて数字を資料にして渡すだろ。

そうすっと、分かりもしないのにあごに手を当てて、謎の検証作業をし始めるんだよ。

分かりもしない事ぐらい、こっちは分かってんだけどね。

インテリごっこに付き合うのも、仕事って割り切らなきゃ日本じゃ仕事出来ないんだわ。

自社の仕事を理解していない人が仕事を進めてしまう

製品を作った事も無いような人が、仕事の話を全て勝手に進めてしまう。

納期も身勝手に決める。

製品の精度も勝手に決める。

値段まで勝手に決めて突き付けてくる。

現実は何も考慮されていない。

やった事も無い人間が何も考慮せずに、仕事を自分の理想や相手の理想に合わせて勝手に進めてしまう。

勝手に決めたら、押し付けて知らん顔。

知らん顔するのは、自分に都合が悪い事が起こるの分かり切ってるからだろ。

これが日本の仕事の典型的なやり方だ。

 

総合職とかホワイトカラーとか、そういうの大手企業にはゴロゴロいるよね?

あれ、仕事知らないんだよね。

仕事の話しすると、全く会話にならない。

何も知らないの丸分かり過ぎて、話が全然噛み合わない。

 

日本の製品は値段が高い

だから、製品の精度が高いなんて思ってる人いるようだが、そうじゃないだろ。

ロクに仕事も知らない高給取りがいるのが、日本の大手メーカーの特徴なんだよ。

 

日本って学歴社会だろ?

昔こんな事言われたよ。

「お前は学歴が低いから、お前の言ってる事は間違えてる」って。

専門的な学部を出た私の言う事は間違えてて、その業界から的外れなスカタン大学のスカタン学部の言う事が正解なんです。

国家資格を持っている上司が、私の意見を肯定してくれても、彼らの中で私は間違えているんです。

日本の大学って…スカタン製造所なんです。

何の職業に役に立つのか分かんないような学部ばっかりの国で高学歴なんて…意味ないわ。

日本って、そんなとこなんです。

日本人って、いくら学歴を付けても、そんなレベルなんです。

レベルが低すぎるんです。

 

勉強し過ぎでおかしくなってんのかもな。

仕事を分かりもしない奴の作った書類上の数字が正解で、現実現場で起きてる事は不正解という人が多い。

サッカーボールを蹴ったら真っ直ぐ飛んでいくって理論を押し付けてくるんだよ。

そんで、そいつにサッカーボール蹴らせたら、真っ直ぐどころかまともに飛びもしない。

でも、サッカーボール飛ばせる奴の意見に耳は傾けません、ボクちゃん高学歴でプライドが高いから。

 

勉強し過ぎなんて嘘。

日本は大学多すぎるほどあるから、さほど学歴なくても金払えば行けるような大学が山ほどあるお国だから。

安倍晋三君が忖度して、さらに大学増やしちゃうよ~。

子供の人口減ってるのに…需要に対して供給過多。

国民総活躍社会の次は、国民総進学社会を打ち出すつもりだろうか?

 

仕事を勝手に進めちゃうってのは、オリンピック競技場がいい例だ。

現場を無視して、計画ばかりに時間を費やした。

これはデータなんて書類で誤魔化せば切り抜けられるようなもんじゃなかった。

納期を1年半も縮められてしまった。

それが原因で、人が死んでるんだ。

これは小池さんだけが悪いんじゃないよ。

国民が望んでやらかした事なんだ。

 

金がかかり過ぎると因縁をつけ、何度も何度も計画をやり直している。

これに振り回されていたのは小池さんじゃない。

日本のそれを請け負う企業なんだよ。

納期をダラダラ机上で計画捏ね繰り回すのに縮められて、残業しまくりで対応したのなんか目に見えて分かる事。

 

競技場の再計画の図面見ても、なんとも思わなかったんだろ。

パース見ても何にも思わなかっただろ。

あんなのパソコンポチったらすぐできるくらいに思ってんだろ?

その感覚だよ。

そういう感覚を押し付けてくる奴が多いから、データの改ざんは起きるんだよ。

そのいい加減な感覚が、人を追い詰めて死なせるんだよ。

 

データの改ざん、三菱の時はどうだった?

強要されて脅されてただろ。

オリンピック競技場建設では、どうだった?

上司に無理言われて嫌がらせまでされてただろ。

キッチリ確実を求める人が、パワハラ働いてるだろ。

なんでこうなるか分かるか?

キッチリを求める人に限って、一切何一つキッチリ出来ない人だからなんだよ。

日本企業の現実はコレだよ

日本には田舎でも、大手有名メーカーの下請けなんてのが山ほどある。

日本には田舎でも、大手有名メーカーの支店なんてのも山ほどある。

そういうとこでちょっと働いた経験があれば、誰でも知ってるよ。

 

大手有名メーカーの製品は、製造中に人がいて常に確認してるって設定だった。

でも、現実はそこに人なんかいなかった。

大手有名メーカーの監査を行う社員も、それは承知してた事。

自分勝手に安い価格設定で引き受けさせた仕事で、そんな人員は用意できない事くらい、現場見に来る監査する社員は知ってた。

自社の人間が身勝手に決めたルールに、下請けを従わせるなんて真似はしなかった。

過剰なまでの自社のルールが、現実にそぐわない事くらい、実際動いてる社員は知ってる。

 

やってるって事にしないと許さない人がいるから、やってるって事にするんだよ。

動いている人間は、そんな人に時間を割かれてる暇はないから。

 

大手メーカーの製品は、強度が売りだった。

でも、そんな強度は保てないような作り方してた。

客の要望を全て聞き入れないと、他のメーカーに客を取られるという恐怖に営業マン達は耐えられなかった。

客を逃すと会社で叱責され、ノルマが達成できないとその場でクビになる。

だから嘘をついた。

嘘をつくと、なぜか製品は面白いように売れる。

売れると懐には歩合給ががっぽり入ってきた。

嘘を付けばつくほど、ぬるま湯に浸かれる。

だから、嘘が止められない。

 

人は追い詰められると、嘘をつく。

嘘をつくのは、嘘をつかなかなきゃ許してくれない人がいるから。

本当の事を言うと、相手は受け入れてくれないんだ。

 

大手メーカーは新しい取引先から、製品の精度を示す数値を一方的に提示された。

その数値はどこから引用してきた物なのか全くの謎。

製造の事なんか何も知らない営業が受け取って来てしまった謎数値。

「そんな数値、一度も出た事ない」

でも、そんな製品を相手先は買い続ける。

毎度、ご注文ありがとうございます。

 

よく分かっていない人が基準となる数値を、わけわかんないクセに持ち出す事はよくある事。

自社の社員を見ていても分かる。

分けわかんない計算で、謎の基準を作り出す謎社員がいるから。

数字持ち出す人って、謎めきすぎてるからスルーする人多い。

理想ばかり求められると技術者はついていけない

仕事で60㎝しかスペースのないところに、80㎝の製品を入れろと言われた事がある。

小学生でも分かるような疑問が生じる依頼である。

これを無理強いして来たのは、営業である。

しかも、営業部長だ。

しかも、そいつは取締役部長だ。

 

彼は自分の立場を利用して、かなり強い口調で怒鳴ってきた。

さらには言う事を聞かない私を、出来損ないの能無しと罵り上げてきた。

なので「ボケ!」と言って退治した。

 

彼がなぜ物理的にあり得ないような事を無理強いして来たか分かるだろうか?

客から聞いてきた要望を全てしなくてはいけないと思い込んでいるのだ。

「出来ません」と客に電話をかけられないわけ。

ヘタすれば客に迷惑をかけてしまうような事態になってしまうのに、どうしてたった1本の電話が掛けられないのか。

それは、客の前で知識もロクに無いくせに、知ったような口ばかり叩いているからだ。

 

入れようとしている製品が80㎝ある事も知らなかった。

その製品のサイズを確かめもしなかった。

分かったような口ぶりで、「大丈夫ですよ」って客の前で言っちゃった。

俺さまなら出来るみたいな勘違いした振る舞いをしちゃってるわけ。

だから客に本当の事なんか言えない。

俺さまは取締役部長なんだぞ。

俺に恥をかかせるつもりか、やれ!

こういう事です。

 

ロクに実力もついていないサラリーマンに、見合いもしない肩書きを付けたり、給料を安易にやり過ぎたりすると、プライドばかりが高くなって、自分のプライドを守り抜く事に必死になってしまうんです。

自分のプライドを守るためには、表では何でも出来る人を演じ、裏で何でもやれと怒鳴って騒ぐ。

こういう仕事のやり方しかできないのかなと思うほど、こういう営業マンしか見た事ないです。

 

彼らは、嘘をついているという自覚はありません。

だって、無知ですから。

自社の仕事の事を全くお勉強しませんから。

正解を知らない人は、何が不正解なのかも分からないんです。

 

こういう人が客に信憑性を持たせようとして、わけの分からん数値見ようとしたりするんですわ。

数字にめっぽう弱いくせに。

なんで、数字持ち出すか分かる?

客が数字渡すと黙るから。

日本人って数字に弱いくせに、数字を渡すと確信を持つ。

「キチンとしてるのねっ☆」って言う、漠然とした革新の元、認定をくれる。

数字渡すと、バカを黙らせる事が出来る。

物理的な技術を説明しても分かりもしない。

そんな奴に数字渡すと、わかったフリしよるからな。

 

もっと酷い会社も見ています。

技術者が自分の言い成りにならない事に腹を立て、技術者を陥れ会社から追い出してしまっていた会社がありました。

彼らは、私が専門学部を出ているという理由で、入社してすぐに嫌がらせを始めました。

嫌がらせは集団で。

自分達にとって、技術者は邪魔者という認識を持っていました。

自分が歩合給貰う邪魔をするヤツって思ってたっぽい。

 

こういう自社の社員と闘いながら仕事しなきゃいけないの。

正直、まともに仕事出来るような状況じゃないよ。

客は納期を自分勝手に縮めてくるし、営業はなんでもかんでも聞き入れて来て、こっちに無理矢理押し付けてくる。

そんな時間の無い中で、物理的にできない事を依頼してくるバカ。

そのバカに説明しても、頭悪すぎ自分がて理解が出来ない。

ただでさえ頭足りないのに、プライドまで高くて扱い切れないんだわ。

キッチリ完璧さんには嘘しか通用しない

キッチリを求めてくるキッチリ完璧さんは、自分が理想とする答えしか受け付けません。

技術的な知識がないクセに、なぜか答えを自分勝手に出してる。

  • キッチリした製品・キッチリした対応を求める消費者
  • 自分をキッチリに見せかけようと知ったかに振る舞う似非完璧の営業マン
  • キッチリした事は素晴らしい事だとキッチリを数値化して管理しようとし始める現場を知らないホワイトカラー

そして技術者や生産者はこうなる。

キッチリ完璧さんの妄想に付いていけない…。

 

「出来ません」と本当の事を言うとこうなる。

怒鳴られ脅され罵られる。

苦労して測定した本当の数値を提示するとこうなる。

エクセルで指1本で数値を打ち変えられる。

「こんな事はやりません」と、不正を拒否するとこうなる。

嫌がらせされて、会社に居られなくされる。

 

本当の事実は受け入れません。

改ざんされた嘘なら、喜んで受け入れます。

嘘が見抜けない奴ばっかって事だろうがよ。

数字なんか渡しても、何も分かんねぇって証拠だろ。

完璧キッチリさんって、バカばっかり。

 

自分は完璧キッチリした人間だから、改ざんなんて不正は許さないという正義感が湧くんだよ。

技術者からみたらなぁ、完璧キッチリさんってのは、知識も経験も無ぇって事なんだよ。

何にも知らない素人ほど、パーフェクト発言ばっかしてるんだよ。

トウシローのボケども!

サラリーマンの安定志向ほど恐ろしい考え方は無い

サラリーマンの安定志向

サラリーマンという生き物は、とても『安定志向』である。

そして同時にサラリーマンというのは、『安定』を誤解している生き物である。

 

新卒で入社したそこそこ名の知れた大手企業では社員達にこう言われた。

「ここは大手企業なんだから、仕事なんかしなくていいんだよ」

「お前に仕事されると周りの社員が困るんだよ」

先輩たちにこう言われた。

お前に仕事されたら俺たちもやんなきゃいけなくなるだろって、仕事をする私の手を掴んで妨害する始末。

 

別の会社ではこう言われた。

契約社員から正社員に推薦され人事面接で人事部長がこう言ってきた。

「ここは大手企業なんだから、何もしなくていいんだよ」

「何かされると面倒なんだよ」

「綺麗な学歴引っ提げた何もしない社員が欲しいんだ、お前みたいなの要らない」

日本を代表するような大手企業のグループ会社の人事は、何もしない事を推奨していた。

“サラリーマンの安定志向ほど恐ろしい考え方は無い”の続きを読む

会社にいる妖精

会社には妖精が住んでいる

今まで勤めた会社で、大きな会社には『妖精』がいた。

その妖精の姿は、スーツを着たオッサンだ。

 

突然、前触れもなく姿を現し、目の前をシュールに通り過ぎていく。

しばらくすると、忽然といなくなる。

フワリと現れ、会社の中をフワフワ漂い、フワッと消える。

何しに出て来たのか、誰にも分かんねぇっていう存在。

 

そんな彼らはこう呼ばれていた。

『相談役』とか『顧問』とか。

誰にも何も相談などされず、会社にほとんどいないため頼りにもならない。

だから、私はこの生き物を『会社の妖精』と命名した。

“会社にいる妖精”の続きを読む