認めない上司の心理「本当は権限なんて何も持ってない」

職場の認めない人

職場で他者を絶対に認めようとしない人っていますよね。

そういうタイプの人に『認められたい』と欲を出すのがサラリーマンという生き物。

 

認めない人というのは、何か権限を持っていると思われがち。

でも、そんなわけない。

平社員でもこんなのいっぱいいるから。

平社員の時にやっていたような事を、肩書き付いてもずっとやってるだけだろ?

認めないのは、何故だか分かる?

自分に何もないからだよ。

何の権限もないから。

認める権限も持ってなけりゃ~、認めない権限も持ってない人だよ。

 

人は自分が何も持っていないという事に不安を感じると、さも自分が何かを持っているかのように振る舞い始める。

その心理状態に陥ると、これが始まる。

『認めない』

もし、こんなレベルの人間に認めてもらったとしても、せいぜい依怙贔屓されてベッタリくっつかれるのがオチ。

自分にとって何の役にも立たないわけだ。

“認めない上司の心理「本当は権限なんて何も持ってない」”の続きを読む