残業規制で問題点が続々と…

残業規制が始まると日本企業は問題点だらけ

ある日、出勤すると女性社員が2人話し込んでいた。

「この仕事も○○さんにやってもらいましょうか」

「そうですね、私たちが会社を休むような事があっても、彼女が対応してくれたらスムーズですよね」

この女性社員2人は派遣社員の女性に自分達がやっている業務を全て覚えさせ、派遣社員に自分達をカバーさせようという魂胆のようだ。

 

ちなみにこの女性社員2人、片方が欠勤しても互いの業務はフォローせず、「彼女が休んでいるので出来ません」と平気で言ってのける強者どもである。

取引先から緊急の問い合わせの電話が来ても「明日かけ直してください」なんて平然と言う。

自分達は他の社員のカバーなどする気はないが、自分は困るからそれを派遣にやってもらおう…これが20年以上この会社に居座る2人の社員のオツムの中身のようだ。

残業規制がかかってくると、業務を時間内に終える事が出来ず、結局それを派遣に~なんて考えているっぽい。

 

他の社員が休んでも正社員の自分は関係ないが、派遣社員はそれを全てフォローできるように…。

『同一賃金同一労働』って何だったんだろう…。

しかも、彼女たちは出勤してくると、いつも話ばかりしている。

派遣の女性だけが、会社の掃除をしている状態。

放っておくと労働が全く同一ではない状況を自ら一生懸命作ろうとし始めるサラリーマン。

“残業規制で問題点が続々と…”の続きを読む

無責任な社員ほど『責任』という言葉を使うのですよ

サラリーマン責任論

会社でこんな事を言われた事ないですか?

上司や先輩に言われた事があると思います。

 

責任を持ってやってください」とか…

「この責任どうするつもりだ」とか…

「お前の責任だぞ」とか…

「あなたには責任が取れないから」とか…

上司や先輩から『責任』のシャワーを浴びせかけられて来たでしょ?

 

この『責任』という言葉、無責任極まりない人が使う言葉だって気付いています?

『責任』という言葉を用いると、すごく立派な事を言う正しい人って感じるかも知れませんが、それは全く違います。

人に向かって『責任』という言葉を投げつけるのは、無責任な人じゃなきゃ出来ないんです。

何かに付けて『責任』という言葉を引用しているのであれば、自分の行為がいかに浅はかだったかという事に気付かなくてはいけません。

“無責任な社員ほど『責任』という言葉を使うのですよ”の続きを読む

残業規制でも残業したがるのはなぜか…⁉

残業規制の時代なのに…

大手企業では残業規制に目を光らせ、社員が残業をしないよう取り締まっている。

タイムカードを打つタイミングは着替えてからなのか、それとも着替える前なのか~とか。

パソコンの電源が入る時間とタイムカードの時間が合致しているかどうか調べて、サービス残業をしてはいないか~とか。

24時間フル稼働してる会社なんかでは、8時間×3交代で時間外労働を無くそうとしたら、引継ぎ業務が出来ないなんて大問題になっていたり~。

 

問題なのは、体や精神の崩壊を招いてしまう過剰なほどの労働時間の事なのに…。

企業はそこのところを理解できていない。

企業は~というより、サラリーマンがだ。

 

終業時間キッチリに業務を終了させる事が、自らに課せられたノルマだと認識したロボットよ。

ノルマを果たさなくては、自分の評価が…という気持ちに苛まれているようである。

残業規制が原因で精神が不安定になっとるがな。

目的見失った奴って、なにやらせても面倒な事になる。

“残業規制でも残業したがるのはなぜか…⁉”の続きを読む

ミスを隠す部下をどうにかしたいなら

なぜ部下がミスを隠すのか

今の職場に部下のミスをほじり出そうと必死になっている管理職がいます。

何だか…必死過ぎて哀れにさえ思えてきます。

彼がやっているのは、ただのあら探し。

 

この企業にはこういうニュアンスの企業理念があります。

『ミスを隠したり流してしまわず、そのミスを次の仕事の糧にする』

これは、技術者であった創業者の考え。

 

技術者というのは、失敗を次の糧にして進歩進化させていく仕事です。

しかし、技術開発などとは無縁の業務をしてきたこの管理職には、この理念が理解出来ずあら探しで職場の中をせかせか走り回り、社員のミスを見付けると解決するわけでもなくフォローするわけでもなく、遠回しに嫌味を言うのです。

彼は、企業理念に反する行為に及んだ社員へ制裁を加えているつもりのようです。

管理職同士で社員のミスを話し合う事で、それを共有したという錯覚のような認識をお持ちになるようで…。

問題視する事で問題なんて言うほどのものでもない事を過剰に肥大させて~の、謎の一人勝手に納得という行為。

非常に、稚拙な行為です。

“ミスを隠す部下をどうにかしたいなら”の続きを読む