計測する男「数値を得るだけでは何の意味もない事に気付いていない人」

日本人は数値化するのが大好き

日本人というのは数値が好きだ。

あまりにも数値が好きすぎるせいで、数値をガムシャラに収集したり、計測機器を使って数値として確認したりと余念がない。

手に入れた数値を見比べ、右と左でどちらが大きいか述べたりとアホでも分かるような事を賢そうな口ぶりで熟す。

 

計測した数値を手に入れると検証作業が始まる。

検証作業に時間を入念に掛けたと思ったら、基準となる数値が無いとまた別の数値を欲しがり始める。

基準値や平均値を手に入れると、変な事をやり始める。

基準値に数値を近づけようとしたり、平均値を越える事を強く命じたり。

 

数値が大好物な人というのは、自分の数値に拘らず他人の数値に異常なほど執着する。

自分の数値が他人の数値より小さいという捉え方は出来ず、他人が自分の数値より大きいのが気に入らない。

提示された数値が気に入らず、自分勝手に決めた数値を押し付ける。

基本的に数値が好きな人というのは、数値を自分で出さずに他人に出させるタイプである。

数字を欲しがる人って…アホが多い。

数字っていうアイテムが、賢そうなアイテムに見えるからだと思う。

学生時代に数学がからっきしだった人間ほど、数字が好きかも知れない。

“計測する男「数値を得るだけでは何の意味もない事に気付いていない人」”の続きを読む

裁量労働制「労働者に的確な裁量ができりゃ理想的かもな…でも、使えねぇ~」

裁量労働制ねぇ…

裁量労働制なんて制度の元で働いた事がないから、『裁量労働』なんて聞いても分からなかった。

なのでウィキって調べた。

多分こういう事だろうと思う。

「うちの会社のこの職種をこっちの言い値で受けろ」

「残業代は払わないし、月々支払う金額は一律○○円ね」

「仕事のやり方はあんたの自由だよ」

「仕事さえやってくれてりゃ、金はやるからさ」

こういう事か?

 

この裁量労働制で経営者や周りの社員達が求め始めるのは『成果』じゃない?

自由にやらせても成果が上がって来なければ、やっていないとみなされる。

労働時間が3時間でも0時間でも、みなし労働として「労働している」とみなしてもらえる。

しかし、これも成果が一切上がらないとなると、10時間働いても20時間働いても「労働していない」とみなされるという事。

要するにノルマを果たす事や成果を提示しなきゃ、成り立たない。

だって、日本人って自分の仕事の裁量なんてできるわけないから。

…ちゅうか、日本人には労働の裁量が無いから『働き方改革』なんて政府が介入しようとしたんじゃないの?

 

労働者には裁量が無いから、働き方改革が始まったんです。

雇用主にも裁量が無いから、働き方改革でルールに従わせなきゃいけなくなったんです。

日本人の労働における裁量は皆無なんです。

サラリーマンは金にもならないような事を仕事だと言い張るし~。

会社の売上げもロクに認識できてないから、売り上げも上げてないのに給料上げてくれとか昇進したいとか寝ぼけたような事ばかり言っている。

経営者は経営もロクに知らないようなのがほとんど。

 

こういうボケた人間がやり始める典型的な行為がある。

「認めてください~」

「認めてやる~」

こういうやりとり。

こういう金を生まないやり取りを重要視して来た日本のバカ企業が生んだのが「残業地獄」だよ。

決まりきった仕事の量なのに、それを無駄に時間ばかりかけて「頑張りました☆」ってアピールするのが、日本のバカ労働者。

そしてそのバカに「頑張ったね☆」と残業代を無駄に支払って昇格までさせ会社の利益を減らすという、経営無知としか言いようのないうすらバカの経営陣。

金になる仕事とそうじゃない事の区別すらつかない奴らに『裁量』を求めるか…?

“裁量労働制「労働者に的確な裁量ができりゃ理想的かもな…でも、使えねぇ~」”の続きを読む

過労死で上司の責任が問われないなら働き方改革なんてしても無駄でしょ

政府に働き方を改革する事は不可能ですよ

働き方改革とか言って政府が残業時間や裁量労働制だのなんだの、企業で働いて実状を見た事も無い人の机上の空論を打ち出している。

これで何がどう変わるのか…?

 

どうして電通の過労死自殺で上司や幹部を個人的に裁かなかったのか。

過労死の原因はこれなのに…。

なぜ、その肝心な点を無視して残業に拘ったり、労働のやり方を捏ね回そうとするんだろう。

 

残業を無くして時間を縮めても、そういう上司が作り出した余計な業務とは呼べない仕事は無くならないでしょ?

それどころか、時間内にそんな余計な事もやらなきゃいけない状態に置かれてしまう。

“過労死で上司の責任が問われないなら働き方改革なんてしても無駄でしょ”の続きを読む

設備投資しない守銭奴企業

設備投資しない会社

『日本の企業が設備投資をしない』

これは近年よく言われている事。

政府が「設備投資した企業は法人税をまけてあげる」とまで言い出した。

 

『設備投資をしない』

これ、どういう風に捉えてる?

製品を作る機械が古いまま~とか、

建物が老朽化したまま~とか

そんな感じに捉えてる?

“設備投資しない守銭奴企業”の続きを読む

日本人の呪術的思考

呪術的思考は原因を作り出す

日本人というのはキッチリしている。

とてもとてもキッチリしている。

キッチリしたがる人というのは、自分では何一つキッチリ出来ないという特性を持ち合わせており、自分の力で結果や結論を出せない人に多い。

キッチリしているのではなく、キッチリさせたがるという愚行を働く。

 

キッチリした人の思考回路は『呪術的思考』である。

『呪術的思考』とはこういう事である。

理性と観察においては因果関係が正当化できない物事に原因を求める思考である。

要するに自分の中で理由の分からない事に無理くり原因をこじつけてしまうのである。

“日本人の呪術的思考”の続きを読む