不正や偽装に「コンプライアンス」や「ガバナンス」なんて関係無いんだよ

企業の不正

企業が不正や偽装をすると「コンプライアンス」とか「ガバナンス」って言葉が必ず出てくる。

コンプライアンスは、「法令順守」

ガバナンスは、「管理」って意味。

横文字カタカナ英語で言うと、それっぽく聞こえるようだが…こんなもん関係ない。

これが分かり切った上でやっているのが、不正や偽装なんだから。

“不正や偽装に「コンプライアンス」や「ガバナンス」なんて関係無いんだよ”の続きを読む

奇妙な正義感

奇妙な正義感

サラリーマンの行動に『奇妙な正義感』がよく見られる。

この『奇妙な正義感』は、会社を営む私の両親が昔っから問題視しており、問題であるにも関わらず「何なのか分からない」奇妙なものだったのだ。

その「何なのか分からない」ってのが、ただの正義感じゃなくて『奇妙な正義感』と呼ばれる所以なのかも知れない。

 

そして奇妙たる所以は、もう一つある。

この正義感を漲らせる者は、非常に攻撃的なのである。

社内にいる他の社員を敵と定め、猛烈に攻撃するのである。

 

そして、一番困るのが…

『奇妙な正義感』は、伝染病なのである。

会社経営者がその行為を問題視して止めさせたいにも関わらず、原因が明確に分からずしかも伝染して多数の社員がその奇妙な正義感を振り回し始めるのである。

“奇妙な正義感”の続きを読む

数字を出す人を目指すと数字なんか出なくなる

数字を出そうとするサラリーマン

『数字』=『成果』

こういう風にサラリーマンは捉えている。

そしていちいち数値化した書類を作り出したり、書類上の数値を捏ね回そうとアホなマネをし出す。

 

こういったタイプの『数字を出す人』というのは、数字を下げる事をよくやってくれる。

要らん事しか思いつかないタイプの人間だ。

数字を出す事が目的のような奴に、数字は動かせない。

動かしたとしたら…数字を下に落下させるような事だけだ。

“数字を出す人を目指すと数字なんか出なくなる”の続きを読む

日本人が『滅びの美学』を好むのは負け犬だから

滅びの美学を好む人

日本人は『滅ぶ』という事を讃える変な性質を持つ。

身を挺して~とか、人生を捧げる~とか。

そして『滅ぶ』事を讃えているのは、滅んだ人ではない。

滅ぶ事を命じた者と、傍観しているだけの何もしない人達である。

 

滅ぶ事を讃える人達の前に、滅ばずに生きて帰ってきたらどなると思う?

「生き恥さらし」

「死ね」

そう、冒涜される。

『滅びの美学』を好む人というのは、自分は何もしない人に他ならない。

“日本人が『滅びの美学』を好むのは負け犬だから”の続きを読む

会社で否定されるという日本企業の方程式

会社で否定されるのは何故か?

新しい会社に行くと必ず、新入りの私はその組織の中で否定される立場となる。

どうでもいいような間違いで、熱く否定される。

新入りにありがちなポッコンミスを許さない許さない…かなり許せないご様子。

挙句には間違えてもいない事で否定をされまくる事となる。

その否定はエスカレートしていき、服の色にまで及んで行く。

 

こういう目に遭っている人多いと思います。

日本企業の特徴なのかも知れません。

理不尽だと思ったでしょう。

そして『こいつら…やってる事がおかしくないか?』と思ったでしょう?

こういう会社の中で必死になって否定する人達の事を、自分なりに分かりやすく解説してやるからな。

“会社で否定されるという日本企業の方程式”の続きを読む

外国人労働者受け入れ…

入管法の改正

外国人労働者の受け入れ拡大法案の可決…無理矢理過ぎ。

なぜ、そんなに急ぐ必要があるのか…。

 

外国人労働者の受け入れを拡大する目的は、人手不足だと言われてはいるが…。

そうは思わない私がいる。

外国人労働を必要としているのは

外国人労働者のイメージって…僻地の工場とか肉体労働。

ただ…大手企業の犬と言われている自民党がそんな田舎の零細企業なんかに対応するとは思えない。

大手企業が要請してんじゃねぇのか?

問題ばっか起こしてっからな。

 

大手企業が外国人が日本に流れ込んでくる入口になる可能性があると思うのだが…。

国内に多数の工場を持つメーカーなどは、東南アジアにもかなりの数の工場を持っている。

『高度人材の受け入れ推進』ってのが条件としてある。

海外の自社工場で働いている外国人人材を次から次に日本工場に流し込めば、大量に外国人を日本に流し込めるだろう。

日本人はバカだから

日本人はバカだから人手不足なのに、自分は働かない。

働かせてる奴らを見張る管理って名目の仕事をやり始めるんだよ。

座って見てるだけ。

そんな事を仕事だと思い込んでるから、人手不足とか言い始めるんだよ。

 

人手不足なのに、利益が出ないとか…言ってる事がおかしいだろ。

人手が足りないほど仕事があるのに、利益が上がらないって常識ではあり得ないからね。

利益が上がらないのは、働かない人が多すぎるから。

仕事をしてるつもりで肝心な事は何もしていない。

これが日本人のバカな働き方だからな。

日本人は本当にバカだから

これから日本人向けの求人はこうなると思うよ。

  1. 外国語が話せる事
  2. 人材教育

新入りの日本人労働者に「この外人に仕事教えて」って内容の求人。

外国人労働者と求人でやってきた新入り日本人に「やって」が始まる。

「僕は見てるから」って…。

傍観主義のバカが多すぎるんだよ。

 

昔っからそうなのよ。

自社の仕事を教えるのも、全てを知っているのも、自社の社員じゃなくて新入りや新卒。

新卒は学校で全てを教えてもらってるっていう。

新入りは、どこかで教育されてないとおかしいっていう。

その会社に何十年もかじり付いてるボケ社員は、人にやってもらう算段しかしていない。

ボケの日本人労働者を切り捨てれば、十分に人材は足りてるし利益は出せる。

今以上に利益を出せるにも関わらず、必要もない座っているだけのボケ日本人を大切にしようとする。

外国人労働者に対して、示しの付かない働き方をするのが日本人だよ。

どうせ不正問題起こしたような企業が要請したんだろ。

外国人をいいように利用しようって算段なんだろ。

やっていい事とちゃうやろ。