職場の人間関係の改善を考えたら『自尊感情』に辿り着いた

職場の人間関係が悪い悪い

どこの職場に行ってもとにかく人間関係が悪い。

人の上に立つ人間が、社員の嫌味ばかり言っている。

それに一生懸命便乗して嫌味をいう社員達にも呆れる。

人事評価なんて設けた企業の社員は、他人の批評を仕事と思い込んでいる状態。

それで飯食えたら大したもんだ。

 

今の職場でそんな状況をきつく注意した。

通常、一番下っ端の私がこんな注意を管理職にしなくてはいけないなんて…。

ホント…ほとほと呆れるばかりだ。

 

それでも、職場環境は改善された。

しかし…最近になって再び変な空気が流れ始めた。

私が施した注意も半年程度しか効力が無かったようだ。

“職場の人間関係の改善を考えたら『自尊感情』に辿り着いた”の続きを読む

会社の遅刻魔「どうして遅刻をしちゃいけないのか」

遅刻魔に注意なんてしても無駄

別の部署に『遅刻魔』がいるようだ。

とうとう、管理職に別室に呼び出され注意を受けたという噂を聞いた。

「遅刻をしてはいけません」的な注意を受けたそうで。

意味無いやろ…。

 

遅刻魔って生き物は、今まで何度も見てきた。

彼らに対してこういう注意は…意味がないどころか逆効果だと思う。

どうしてだと思う?

彼らは自分における事柄の判断を、全て他人にゆだねて生きているからだよ。

 

遅刻をしていいかどうかも、誰かの判断に任せてるって事。

だから、この手の遅刻魔には答えをあげちゃいけないんだよ。

自分で判断させるための基本情報だけを与えて、自分で考えさせるべき。

どういう答えを出そうが、それはこっちの知ったこっちゃない。

“会社の遅刻魔「どうして遅刻をしちゃいけないのか」”の続きを読む

防御機制の供給と承認欲求の需要の関係

防御機制と承認欲求

会社の中の人間関係を見ていて気付いた。

防御機制を提供すると、承認欲求という需要がある。

承認欲求に飢えた者に向けて防御機制を暴発させると、承認欲求に飢えた者は『従順で無思考』になり、防御機制を振り回す者には支配欲が芽生える。

支配欲で抑圧されがちな承認欲求を持つ者は、他者へ防御機制を暴発させ支配欲を持ち始める。

 

すごく簡単に説明するとこういう事。

『認めてください病』の奴に、「お前はダメだ」というと、認められたい一心で従順に従い過ぎてしまう。

そんな無思考な従順さを見て、自分を支配者だと勘違いしてしまう。

別の言い方をしてみる。

自分のダメな部分を他人に擦りつけ叱責するクセのある防御機制が激しい人間が、承認欲求で頭がいっぱいの人間に「認めねぇからな」というと、承認欲求が強い人間は認められようと必死になり、自分が認められるためだけに要求に応じよう応じようとしてしまう。

 

『防御機制』『承認欲求』は共に、人間なら誰しも持っている心理。

しかしながら、この心理状態が過剰な者というのは、ちょっと異常である。

そんな異常さを加速させるのが、承認欲求を抱く者への防御機制の提供である。

異常なまでの防御機制+異常なまでの承認欲求=過剰なまでに異常な関係性

職場でも見かける関係性であり、非常に新興宗教的な関係性であるとも思うんだが。

“防御機制の供給と承認欲求の需要の関係”の続きを読む