企業の不正を見つけたら、その時自分はどうすべきか

日本企業の不正

今思えば一昔前は、日本企業の不正行為なんて、当たり前のようにまかり通っていた。

面倒な事は適当にやって、都合の悪い事が起これば、力ずくでもみ消す。

これが日本企業の在り方だった。

 

そのような事実は無いという体裁上の潔白の中で、暗黙の了解のようにそれは確実にあった。

綺麗事が好きな大手企業なんかは、潔白の皮を自ら被らなくても、周りが勝手にそう思い込んでくれる。

そんなありがたい信仰が日本にはある。

 

大手企業のネームバリューに釣られて組織に入り込んで来たような社員が不正行為に手を染める。

そして、大手企業信仰の強い消費者がその被害を受けている。

大手企業の社員というのは、その企業に何がなんでもしがみ付こうとする。

しがみ付くためには、どうにもならない事をもどうにかしなくてはという切迫感に襲われるようで…。

よく色んな場面で、切羽詰まっていたように思う。

 

そして、彼らを切羽詰まらせていたのが、不正の被害者である消費者である。

大手企業の社員は優秀だから何でも出来ないとおかしいという感覚で接して来る。

お客様は神様であるという態度で。

出来る事が技術であり、出来ない事は技術とは認めない主義の人が多い。

“企業の不正を見つけたら、その時自分はどうすべきか”の続きを読む

事大主義な組織にいる夜郎自大な人材

事大主義な組織には夜郎自大な社員たち

管理職になると、

「どうして会社がこんな風になってしまうんだろう…」とか

「社員はなんであんな事ばっかりするのか…」とか

そんな事ばかり考えてしまうようになる。

 

今はもう管理職でもなんでもないクセに、またこんな事を延々と考えている自分がいるのである。

会社の空気が奇妙であり、その空気感を遵守しようとする社員達がいる。

目には見えない掴みどころのないルールがあり、社員達はそのルールに自ら従おうという自主性を持つ。

 

その目には見えないルールというのは、

『事大主義』というもの。

それは定義付けされた明確化されたルールではない。

そもそも、存在などしないはずのものである。

 

しかしながら、そんな見えないはずのルールが見える社員というのが多数おり、存在しないはずのルールに基づき行動し始める。

見えないはずのルールが見える社員というのはどういう社員かというと、

『夜郎自大』な性質を持つ社員である。

会社の中で見えるはずの無い物を見ている、ヤバい奴がたくさんいるのである。

“事大主義な組織にいる夜郎自大な人材”の続きを読む

「頭がいいですね」って言う人

「頭がいいですね」

「頭がいいですね」

こう言われた時、皆どう思っているんだろう。

素直に嬉しいのだろうか?

このセリフに違和感を感じた事はないのだろうか?

 

「○○さんは頭がいいんですか?」

こんな事を聞いてきた社員がいた。

○○さんとは、私の事である。

そしてその○○さんである私に、こう言う風に聞いてきたのである。

 

非っ常~っに、奇妙な質問であると思う。

では…と、「はい、頭がいいです」とキリリとした顔で答えておいた。

すると、これまた奇妙な反応を返して来る。

「そうですか…」と神妙な面持ちで、納得及び承諾をしたような空気を醸し出したのだ。

“「頭がいいですね」って言う人”の続きを読む

否定する人のおかしな特徴

否定ばかりする人

話しをしていると、こちらの言う事を否定する事しか頭にないような人というのがとても多くいる。

最初っから、こちらの言う事全てを否定するつもりで話しを聞いているのだ。

 

この手の人というのは、話す相手によって全否定する相手と全肯定する相手に、話す前からより分けている。

非常に偏見に満ちた性質なのかと思いきや、その偏見の源はというと、自分の意見に自信がないため、最初っから誰かの意見に添わせるという手法しか持っていないのである。

この人と同じことを言っていれば大丈夫という気の小さい人間の保身に基づく行動だ。

そして同時にみっともない自分自身を自己肯定するために、誰かの意見を全否定して不安定な精神を彼らなりに保っていると思われる。

 

全肯定するのは、自分は頭の良い地位の高い人達と同じ考えの持ち主であると装い賢こぶるため。

全否定するのは、人の意見を覆す権力の誇示と否定ばかりされてきた自分の屈辱を他者へ味合わせる事で、自分は否定ばかりされるバカではなく否定する側の賢い人であるという暗示を自分にかけるためである。

“否定する人のおかしな特徴”の続きを読む

人事評価制度の問題点

人事評価制度のある会社

人事評価制度を用いた企業の社員というのは、なぜか他の社員を陥れる事に力を入れる。

他の社員を陥れる事で、自分を良く見せようとしているわけである。

サラリーマンなんて、所詮凡人の集まり。

人を落とさなきゃ、自分が目立てないようなレベルの者ばかり。

 

同じ組織の人間を陥れるという事がどういう事に繋がるか分かるだろうか?

業務に支障をあえて出しているという事だ。

社員が意図的に業務妨害をしているんだよ。

 

その社員は自分が標的にした特定の社員の妨害をしているという感覚でしかない。

しかしながら、それは会社組織の業務妨害そのものだ。

会社に認められようと必死になる社員がしている事は、会社にとっての業務妨害。

結局のところ、人事評価制度なんて用いると、社員はこんな事し始めるだけだから。

“人事評価制度の問題点”の続きを読む

会社の予算を使い切る「社員が集団で使い込み」

会社の予算

事業所ごとに予算が組まれ、部署ごとに予算が組まれる。

そんな予算という物をサラリーマンはこう捉える。

『予算は使い切るもの』

『予算内で収まれば何をしてもいい』

予算は余らせてはいけないという謎思考を持っており、予算は部署内だけで使い切ろうとし始める。

 

足りない部署と余らせる部署があった場合、足りない部署は予算オーバー、予算が余る部署はその予算を必要もない事に使おうと必死になる。

こんな状態が、一つの組織の中で起きているわけだ。

必要な事柄で予算がオーバーした事を問題視し、必要ではない事をしていても予算内で納めるとOKという感覚の持ち主。

このような辻褄の合わぬ行為だが、彼らの中では辻褄が合っているらしい…。

 

“会社の予算を使い切る「社員が集団で使い込み」”の続きを読む

会社が危機的状況に陥った時のサイン

まさかのあいつ

「まさか、あいつが…」

最近、職場でこんなセリフが聞こえてきた。

まさかのあいつが辞めたらしい。

 

どうやらその人物は、かなりの「まさかのあいつ」だったらしく、管理職全員が声を震わせ呆然としていた。

そして、そのまさかのあいつさんは、辞めた次の日に同業種のライバル企業に新人さんとして出社していたそうで。

 

会社組織の中で「まさか、あいつが」と言われるような人が辞める。

これ、会社自体が危機的状況にあるというサインだったりする。

そして、その危機的状況ってのは、「もうダメ」って事だったりする。

危機的な状況に陥った会社が、決定的な危機に追い込まれたと思っていいと思う。

“会社が危機的状況に陥った時のサイン”の続きを読む

エリート気取りはご都合主義

エリート気取りサラリーマン

エリート気取りは、自分の知らない事も知っているかのように物を言うクセがある。

そしてエリート気取りのサラリーマンは、その辺にいる普通のサラリーマンより何も知らない。

自分が勤める会社が売却される事すら知らないとは…。

 

エリート気取りのサラリーマンは、物事を自分の都合の良いように解釈してしまう。

全てを自分の都合のいい味に変えてしまう。

マイご都合主義マヨネーズをかけまくるマヨラーの如く。

売却されるって噂が出たのに、「売却なんて嘘だよ」って返事が返って来た。

“エリート気取りはご都合主義”の続きを読む

戦争はあるという前提なのですか

戦争はあって当然のもの

「令和はどんな時代になって欲しいですか」とか

「平成はどんな時代でしたか」みたいな質問をTVでたくさんしていた。

 

「戦争がなくていい時代でした」とか

「戦争の無い平和な時代であってほしい」って。

『戦争ありき』って前提してるかのような物言いが怖い。

ありきという前提があるのは分っている。

各国が軍事力を持っているわけだから。

 

でも戦争なんか知らない世代がそういう事言い出すってのが…。

戦争が始まりそうな予感を感じさせるんだよね。

ノー天気平和バカって言われてた世代なんだがな。

“戦争はあるという前提なのですか”の続きを読む

自分を認めさせたいの?

どうして他者に介入したがるのか?

ビーガンが肉フェスで抗議活動してたようだが…。

動物が可哀想的な事を過激に表現して押し付けてくるようで。

和歌山県に居座るシーシェパードと行動が似てるな~なんて思う。

 

過去に自分はベジタリアンだと名乗る人物に1度だけ出会った事があったが…。

ま~あ、自分がベジタリアンである事を、とにかく私に押し付けてくるくる…そんな人だった。

ビーガンは完全菜食主義者の事であり、ベジタリアンはというと中途半端菜食主義者の事だ。

そんな中途半端な奴ですら、自分の押し売りが半端ねぇからな。

ビーガンはとんでもなく凄そうだな…。

 

こういう人達と関わるとよく分かるんだが…この手の人達って、

ただ、自分を認めさせたいだけなんだよね。

自分の意見を人に押し付けて、自分の意見に他人を添わせて初めて、自分が認められたって感じるような性質の人。

自分のやってる行為が動物のためじゃなくて、自分のためだってのが関わってるとよく分かるんだよ。

“自分を認めさせたいの?”の続きを読む