バブル入社のローパー集団

バブル入社

バブル入社のローパー社員の使えなさ

バブル入社の社員って何であんなに使えないんだろ?

昔っから、仕事まともに出来る人間がいない。

スキルもロクにないのにキャリア気取りのバブル入社は、大半が非正規社員になってしまった会社で生産力の無い立場に立って、非正規の生産力が上げる売上げでご飯食べさせてもらってる。

バブルローパーは、存在がもう情けなさ過ぎる。

派遣社員の批評を分かったような顔してやっているんだけど、そもそも派遣社員が自社の社員では無い事すら分からないようだ。

他所から借りてきた派遣会社の社員を採点して、本人は仕事をしているつもりなんだろうな。

売上げに関係する仕事をやってくれないと困るんだけど、何が利益になる事で何が仕事なのかすら理解できないあのローパー社員の頭は一体どうなっているんだろう。

出世競争の話で盛り上がっているのはいいが、出身大学のレベルからして入社した時から上には上り詰める事が出来ない。土俵にすら立ってないという事にすら気付けてはいない。

自分にもチャンスがあると思い込んでいるようだ。どこまで幸せなアホなんだ。

人手不足で大量採用の波に乗ってうっかり大企業に入ってきてしまった三流大学のバブルバカのやる仕事は、生産性が伴わない口先ばかりの空想妄想で横で聞いてる人間は開いた口が塞がりません。

生産性の低いローパー社員はどの世代にもいるんだけど、会社に居られると邪魔になるのはこのバブル世代のローパー社員がほとんど。

バブルなローパー社員の特徴

  • 教育されていない
  • 襟が白い事にこだわる
  • 学歴にしがみつく
  • 自分の業績を懐かしむ

教育されていない

バブル真っ最中に企業が多過ぎる需要に供給を間に合わせるため、即席補充したため大量入社させている。

大量入社でしかも目の前には仕事がいっぱいという状況だったため、教育を全くされていないのだ。

大量入社のため、群れを成し怒涛を組んで横柄な態度で居座って来た。

教育しようにも彼らは応じなかったとも聞いている。

なぜ応じないのかというと、バブル景気で通常大学などいけないはずの学力の子が大学に行き、トンチンカンの専門課程を学び全然関係ない業種に流れ込んできているから。要するに分からないから逃げまくる。

ロクに教育をされなくても、物はドンドン売れる時代。適当な事をしていれば、それですべてを免れる事が出来たのだ。

 

彼らは感情で仕事をこなす傾向が強く、仕事に対して異常なほど感情を抱きそれを仕事にぶつけず、人に向かってぶつけていく。

仕事に対する理論を持ち合わせていないため、冷静に自分の力で処理するというのが不可能なのだ。

業務のほとんどを人にやってもらわないと出来ないため、思うがままの感情で人の力でどうにかしようとする。

自分はノースキルであるため、それを隠すのに必死。

 

仕事がある時はまだそれでもどうにかなったのだろうが、景気が低迷してきた今、彼らは何も出来ない口だけの人材になってしまっている。

生産能力が無いのだ。

非正規だらけの会社の中をギャアギャア騒いで歩き回り、内容の無い会議を開いてトンチンカンな方向性を打ち出し、会社をかき回している。

バブルローパーとは比べものにならないほど、生産性のある有能な非正規の邪魔になるためいなくなってほしいものだ。

白い襟にこだわる

バブル時代に『ホワイトカラー』『ブルーカラー』という言葉が流行ったが、いまだに『ホワイトカラー』にこだわっている。

業績を上げられず家庭が崩壊して嫁に逃げられ、アイロンのかかっていないヨレヨレに波打った白いYシャツを着たホワイトカラーが言っていた。

『僕は君たちと違って大学を出ているから、ホワイトカラーの仕事しかしない。』

ホワイトカラーの仕事がロクに出来ない彼に、ブルカラーの仕事は無理だ。

通常1~3か月に1つはノルマを上げられる職種で、3年かかって0という驚異的な数字を持つ者がこの発言である。

ちなみにこの業種、ブルーカラーが専門職の技術者のため、この彼の迷走気味の発言に皆が絶句した。

ブルーカラーが学歴専門課程ともに、ホワイトカラーより高度な職種の方が多いと思うのだが。

Yシャツが白いだけの事を『ホワイトカラー』と思っているのか?

というか今時『ホワイトカラー』『ブルーカラー』なんていう言葉使うか?

バブル時代の世間知らずが使う『死語』じゃないのか。

学歴にしがみつく

バブル世代は、これがとにかく多い。

バブル入社の人間といえば、もう45歳過ぎている。

45過ぎて『自分は大学出ているんだ』なんて、大卒だらけの会社でよく恥ずかしげもなく言うよな。

言うのはいいとしても、自分の大学名をかたくなに言わないのはなぜだろう。

バブル時代というのは親が経済力があったから、学力もないのが大学に進学してしまってる。

でも、結局勉強もロクにできないから、ヘンな学部出てる。

ついた職種になんの関係もない学部。どこの業種にも必要ないような学部が日本の大学にはたくさんあり過ぎる。

自分の業績を懐かしむ

バブル時代に上げた自分の業績を懐かしむ者が多い。

「俺らの時代ってさ~」

「俺らの頃はさぁ~」

古い古い昔話である。

過去の業績で今食べる事が出来ないことぐらいは分かって欲しいものだ。

そもそも指を加えていても勝手に者が売れた時代の人の昔話など聞いても意味が無い。

何のヒントにも何の参考にもならないのだ。

そもそも、自分が上げた業績じゃなくてそういう時代だっただけなのに、それを自分の力で成し得たことのように言われてもね。

バブル入社の残した業績

バブルなんかとうにはじけてから社会に出た私が一番ビックリしたのは、会社の売り上げばかりが多く利益が出せていなかったという恐ろしい事実。

ただ仕事を闇雲にやって、利益を無視してやっていたようだ。

こんな会社は多かったのではなかろうか。

バブルがはじけた途端、窮地に陥る企業が多かった。

バブル時代の社員達がやっていたのは、会社を崖っぷちに追いやるという悪事だった。

利益の上がっていない会社に、クソのような大量バブルローパーな人材だけが噛り付いて残ってしまっている。

バブル入社のローパーな偉業

バブル世代が使えないと言われる所以。

  • パソコン使えない
  • 情報網が無い
  • 業務効率が悪い
  • 顔が紫色

パソコンが使えない

バブルローパー社員の最大の特徴は『パソコンが使えない』という事だ。

一般家庭にパソコンが普及してきた現在、多少は使えるようにはなっているが、いまだに全く使えない者も珍しくない。

パソコンを使わない職種であれば、使えなくても何も不思議はないのだが、一日中パソコンの前に座っているのにまともに使い方を知らないというのは不思議でしょうがない。

バブルローパーの彼らがなぜパソコンを使えないのかお分かりだろうか。

ウィンドウズ95が発売されたのが、1995年。

それよりも以前から企業はパソコンを導入しMS-DOSを使い使用はしてきているが、パソコン自体が高額であったため一部の限られた部門の者しか使用していなかった。

ウィンドウズやパソコンの低価格化が進み、徐々に企業がパソコンを導入し始めた時、ローパー社員達は受け入れられず逃げたのだ。

なぜ逃げたか分かるだろうか。

仕事自体すべての事から逃げるクセがある者には、パソコンという文明の利器は難し過ぎるのだ。

 

そのため彼らはパソコンを『スキル』と思い込んでいる。

この感覚こそがバブルローパー社員のダメさがうかがえるところ。

通常、パソコンは『道具』だ。『スキル』ではない。

たかが『道具』ぐらいは使えなくてはいけない。

これを『スキル』などと、一つの技術のように扱う彼らが使える人材なわけがないだろう。

 

彼らが使うのはそんな難しいソフトではない。

というか、インターネットで調べものするくらいの事が自分で出来ないようなのもいる。

情報網が無い

彼らはビックリするくらい情報を持っていない。

自分の業種に関わる情報をほとんど持っていない。

ある時、新しい店舗を増設する事になった時、市場リサーチというものを通常なら行う。

地元の人間であれば大抵、調べるまでもなく知っているような事だ。

これを彼らは分からないらしく、かなり人口の少ないわけの分からない場所をチョイスした。

ビックリするような結論をだしたのだが、よく考えると彼らの行動はいつもパターン化され狭い世界の中でしか動いていない事に気付いた。

 

いつも同じメンツとしか関わる事が出来ない。

バブルローパーと言うのは、学歴も大した事なく実績も大した事の無い、いわゆる凡人以下の評価に値する人物がほとんどだ。

バブル時代の大量採用でまかり間違えて有名な企業に紛れ込んでしまったため、会社の社名に縋りついている。

この自信の無さが、他の者との接触を拒み情報を仕入れられないという状況を作っているようだ。

いつも同じ会社の同じメンツと勝手に話を作り上げ、さも知っている分かっているような口を叩きそれを遂行しようとする。

これが原因で、何もかも失敗してくれちゃうのです。

 

彼らのようなほぼ無いに等しい学歴と会社のネームバリューにしがみ付く者は、自分は別格というシチュエーションを自分で作り上げなければならず、自分が関わる人間と関わらない人間の振り分けを行う。

この振り分け作業で別格に位置づけられるのが、大した大学出てない同レベルの人材。要するにバブル入社のローパー同期達。

バブルローパーはいつもこのメンツで固まっているだろう。

このバカだけ集めた環境作りが原因で情報が入って来ないわけだ。

そのため、話している内容を傍から聞いていると、世間知らずが甚だし過ぎて笑える。

情報持ってない人間ばかりを何人集めてもムダ。

情報の無い人材の考え付く事は、失敗ばかり。

やることなす事がローパフォーマンス業務。

業務効率が悪い

彼らは入社した時から何も出来ない。

出来ない事を人のせいにして今まで生きて来た。

そのせいか、自分の事を命令を下す司令塔のように思っているようだ。

 

周りの社員はみんなやらなければいけない仕事が何かぐらいは分かっている。

それが分かってないのは、司令塔という必要のないポジションを自分で勝手に作り一人芝居で指令ごっこをしているお前だ。

いつでもどんな時でも、必要性の無い事しか思いつかないし、必要性の無い事しか出来ない。

 

本当に無能としか言いようがない。

顔が紫色

バブル世代の役立たずローパー社員のステイタスは、『酒』だ。

飲みに行く事を『ステイタス』と捉える彼らだが、見受ける限り帰る家が無いようだ。

家族から帰ってくる事を拒否されている節がある。

 

そのせいか毎日のように飲みに行き、終いには肝臓がダメージを受けているようで顔が紫色に変色したものまでいる。

何か顔が焼き芋みたいな色で、目が血走っているので気持ち悪い。

 

そもそもバブルローパーは昔から会社での成績だけはいいのだが、仕事がロクに出来ないというモヤモヤ抱えてたから現実逃避で酒ばかり飲んでいたのだろう。

そのクセがバブルはじけても抜けないわけだ。

肝臓悪いなら、会社辞めたら?誰も困らないから、無理してこなくてもいいのに。

バブルローパー管理職

バブル入社のローパーは成績を上げるのが簡単だったため、大量に管理職が生まれている。

この人達がなんか変な事やり出した。

  • ブログを作成
  • タブレット配布

自分のブログを作成し始めた

アホのバブルローパー管理職が自分のブログを立ち上げた。

しかも『趣味ブログ』。

仕事中にせっせっと作っている。

ブログで集客をするのだという。ブログを見た人が会社に興味を持ってくれると彼はのたまふ。

そしてブログを立ち上げたのはいいが、フリーブログでやってしまっている。同業者の広告が入ってくる恐れがある、広告付きのフリーブログを選んでいるようだ。

そして内容が…文字がほとんど無い。

本人は出来ないパソコンを一生懸命打って盛りだくさんのつもりだろうが、内容がほとんどない。

これでは検索にかからない…。

そしてあろう事か、自分のブログを自分の会社の者に宣伝し集客し始めた。

集客が人力!!しかも自社の社員とはこれいかに。

そして彼はブログのカウンターを見て、数字が増えている事にご満悦のようだ。

そのカウントあなたです。

自分がブログを開ける度、カウントが上がる事に気付いていない。

タブレットの配布

社員にタブレットを配布した。

結果、半数以上の者が使いこなせず『回収』という事態を生んだ。

回収した際、箱から出していないままの状態で返却してきた者も多数存在した。

パソコンから逃げたバブルローパー達に何を渡しているんだ。

IT革命だったのか

バブルローパー管理職の行った『ブログの作成』と『タブレット配布』が一体何だったか説明しよう。

それは『IT革命』

彼らはこれらの事をする際『IT革命』『IT化』『IT事業』などと、意味不明な発言を繰り返していたのだ。

 

パソコンすらロクに使えず、逃げまどってきた者には『IT』はカッチョイイ言葉のようだ。

自分もその言葉を発してみたかったのだろう。

でも、言葉の使い方が分かってない。アイテムの使い方も分かってない。

 

だいたい、コピー機もまともに使えないのに…。

社内のデータのやり取りで共有フォルダにデータ入れられないような奴が、どうやってタブレット使うわけ?

ねぇ!ねぇ!教えてちょうだい!何がやりたいの?

凄い光景を見た

バブルローパー管理職がノート型パソコンをいきなり持ち上げゴミ箱に捨てた!

購入して2年で壊れたという。

彼は「自分がパソコンの仕様頻度が高すぎるから壊れた」と、仕事バリバリ感を醸し出すような発言をしている。

違う…それは単なるバッテリーの寿命だ。

彼はパソコンのデータごと、ゴミ箱に捨てた。

そのパソコン間違いなく顧客データ入ってますよ。

コイツ『IT革命児』かも、しかも『IT異端児』だ。

バブルローパー社員をなぜ会社は保有するのか?

バブルローパー社員を会社に置いておく理由は分かりますか?

それはローパー社員を処分する側の立場の人間が、まさしくバブル入社の『バブルローパー』だからだよ。

バブルローパー社員を解雇するという事は、自分の首も切らなきゃいけなくなるでしょ。

『やらなきゃいけない事こそ出来ない。』それがバブルローパー!!

バブルローパーは入社した時からずっとこれだ。

コメントを残す