『原因論』と『目的論』

原因論・目的論

職場でネガティブな事柄が起こった時、職場の社員達はどういう行動を取っているだろうか。

その社員の行動を見れば、『原因論』に基づく行動を取っているのか、『目的論』に基づく考え方の持ち主なのかが一目瞭然である。

そして、『目的論』を持つ者は極度に少なく、ほっとんどの者が『原因論』信仰の熱心な信者である。

自社の社員達には『目的』などないのです。

唯一、『目的』があるとしたら、「原因追及」「犯人探し」という『原因論』を目的としてしまった履き違えた『目的』を持っていらっしゃるようで。

後ろを見ている『原因論』と先を見ている『目的論』

手っ取り早く言っちゃうとこういうもの。

  • 『原因論』⇒後ろ向きに過去を見る
  • 『目的論』⇒前向きに先を見る

スポットを当てる対象にも違いが明確に現れる。

  • 『原因論』⇒自分以外の誰か
  • 『目的論』⇒自分

そして、決定的に違うのが、その理論に対しての結論の出方。

  • 『原因論』⇒もうどうにもならないものを論ずる
  • 『目的論』⇒どうにかする事を論ずる

結論が出るはずの無い事を毎回やっている人がいるのである。

職場という場所には、そういう人がたっくさんいるのである。

後ろを向いて犯人探し

『原因論』に基づく行為を取る者が、どういう性質なのかというと。

ちょっとの事で、すぐに追い詰められる。

成長していない経験値の低い者に見られる現象である。

 

後ろを向いて「自分じゃない…」という呪文を唱え、「あいつだ」と誰かさんを指さす。

これが、『原因論』で動く人間の物事の解決方法なのである。

小さい時から、これ一本やりで生きてきた、いつものワンパターンな手口である。

物事は一切解決していないにも関わらず、自分の中では解決済みのようなのである。

 

「自分ではない」を念頭に置き生きている彼らには、「自分」そのものがないようにも見えます。

今日も誰かさんを探すのに精進してください。

仕事はあなたが居なくても解決しますから。

おきばりやす…。

 

コメントを残す