異動の季節にはサラリーマンが奇行に走る

異動の季節がやってきました

4月が来ると、会社では異動というイベントがある。

管理職をあっちにやったりこっちにやったりと、意味あり気に何も意味のない事をやりよる。

何も知らないポンコツ管理職が、畑違いの部署へと異動になるのだ。

異動して来た管理職ほど、仕事の邪魔になるゴミはいない。

来月、新しいゴミがやってくる。

しかしながら、今いるゴミは他所へ行く。

 

今いるゴミは感傷に浸っている。

「帰ってくるから」と、社員達にメッセージを残すが…

誰もお前を待ってやしない。

さらば、仕事している人間に要らぬ事ばかりするゴミ人材よ。

4月になると職場環境が悪化する

新しい人間が組織に入ってくる時期というのは、職場環境が一気に悪化する。

入ってくる人間が要因…というよりも、今いる既存の社員達が意識を変えてしまうからだ。

事に、組織の上に立つ管理職が異動でやってくる場合、殊更社員達はおかしな行動に出る。

サラリーマンとは不思議な生き物で、自分と同じ立場の雇われサラリーマンに気に入られる事に必死になってしまうのだ。

 

自分に気に入られようと擦り寄ってくる社員達に気を良くした異動管理職は、一気に自分を勘違いしてしまう。

そして、その勘違いをそのまま行動に移してしまうのだ。

故に、職場の人間の大半が奇妙な行為ばかりを働き始める。

で、職場の環境は一気に悪化するのである。

 

社員達がやっている事は全て職場環境を一生懸命悪化させる事ばかりである。

このような様を客観的に見る事も出来ず、自分が招いた事態を汲み取る事も出来ず…。

何かしらの能力が欠損している人材ばかりにみえてしまう。

 

パターンとしてはこんな感じだろうか。

新しく移動して来た管理職に媚び売りを始める社員たち。

他の奴らを出し抜きたい一心で、言い成りになろうなろうと必死になってしまう。

 

そんなバカな従順さを垣間見た管理職は自分に権力を感じてしまい、社員の揚げ足を取ったり叱責を始めたりと横暴な行為に及び始める。

いわゆるパワハラを働き始めた管理職に対して、社員達はただでさえ従順にも関わらず更なる自発的服従心を持つようになり、言い成りロボットのようになってしまう。

 

言い成りロボットと化した社員が大量発生したが最後。

ここから一気に組織もろとも地獄行き。

利益にも大きく響くような事ばかりに勤しみだすのである。

 

畑違いのポジションに異動して来る管理職には、仕事の流れも巨細も一切把握出来てはいない。

そういう人間が指示ではなく、命令を出し始めるのだ。

上か威圧的に命令するという手段に出た管理職は、もう仕事の事柄に対して理解するなんて芸当は無理。

上からしか人に接する事が出来なくなるため、他人に物が聞けないという情けない人に成り下がるのだ。

 

仕事から逃げる意識が働き、業務とは関係の無いような事ばかりに執着し始める。

人に威圧的に接するには、威圧感を維持し続けなくてはいけない。

自分の足元をすくわれる事を怖がるようになる。

自分の権力を誇示し続けるために、パワハラに走るのだ。

 

管理職がこういった行動に出ると、社員達はどういう行動に出ると思う?

自分が標的にされないように、他人の名前を出し標的を差し出すという行為を働き始める。

密告なんて手口を使うと、まんまとバカな管理職は引っかかってくる。

密告の内容が嘘かどうかも見分けがつかないおバカさんは多い。

 

そんなおバカさんはその密告内容に従ってバカな行動を起こし始める。

業務とはかけ離れた事ばかりに勤しむ管理職と、その管理職の意向に添う行動を取るバカな社員が一斉に、

仕事じゃない事を真剣にとても一生懸命やり始めるのだ。

異動でやってくる管理職は、仕事じゃない事ばかりしているところしか見た事ない。

しかも、他の社員達も大勢巻き込んで…。

本社もバカの集まりだから、そんな状況すら把握する事は出来ず…。

管理職を異動させても環境は変えられない

管理職を異動させて新しくしたところで、組織では所詮新参者。

新参者特有のハッタリかましで大きく出る態度を取るが…

所詮新参者という、気の小ささも同時に持ち合わせている。

 

どうでもええ事は、デカい態度でやりよるが、肝心な事には気が小さすぎて…

デカい態度で社員達に攻撃食らわして逃げる。

『小さい犬はよく吠える』

気が小さいから権力振りかざすようなマネばかりするんだよ。

異動させてる管理職って実は要らない人材

異動させてる管理職って、実の所要らない人材だろうと思う。

組織運営なんて到底できやしないし…。

自分勝手に何かを改善したり、自分勝手に何かをやって、それを上に報告しているだけ。

報告作業をせっせとして、ポイント稼ぎってゲームを一人黙々とやってくれる。

肝心な業務管理は、完全に放置している。

 

管理能力があるから管理職にしたわけじゃない人材。

管理職候補として入社しただけで、適正があるわけじゃなかったって人材。

これが、管理なんて到底できない人の仕事の熟し方なのかも知れないが…。

異動して来る管理職ほど、組織の足手まといになっているゴミはいない。

 

要らない物も処分できない。

所詮は、組織の改善なんてできやしない人達ばかり。

おかしな結論が出ても、同じことを繰り返すしか脳が無い。

肝心な事には触れないように、必要のない事ばかりしているわけっすね。

自分の存在に首を傾げるくらいの脳みそは付いてるのか?

異動を繰り返すたび、昇格していくたび、頭のねじが取れていってるようにみえるんだが。

コメントを残す