自分探し「自己を確立できない人」

自分探ししてる人がいる

自分を見失っているのか、自分探しで彷徨っている人がいる。

そういう人って特徴的な行動がある。

『人真似』するんだ。

人真似する事で、何か目指そうとしているフシがある。

 

奔放な行動を取る人の真似をしたがるように思う。

他人の反応に反応しながら合わせながら生きているような人って、自分がどう振る舞えばいいか分からなくなって困惑しているのをよく見かける。

何が正解なのか分からなくなって困惑している。

人に合せて生きているから、自分を押し出そうにも押し出す自分が分からない状態。

だから、自分を押し出す人の真似をし始める。

自分の真似をされると分かる

突発的な行動をとる私は、どうやら自分を押し出す奔放な人に見られやすい。

要らぬ事をする者に対し、散々黙ってやらせるだけやらせてからブチ切れるという手法を取るからだと思う。

黙ったまま散々やり込められている私は、大人しくて何も言えない人だという印象を持たれやすい。

が、散々好き放題やらせるのは、後で言い訳できない状況作りのためである。

こちらが言い込める絶好のチャンスを窺っているだけだ。

…というか、元々小さい時からブチキレキャラのため、大人になってちょっとは我慢が出来るようになっただけ。

大人しい人じゃなくて、いずれはブチ切れる人なのである。

 

私のブチキレ方は、非常にタチが悪い。

ブチキレて大きな声を出した後、ネバネバネバネバ長~い説教をおっぱじめる。

誰かれ構わずやる。

社長だろうが、管理職だろうが、そんな事は関係ない。

やらなきゃ気が済まなくなったら、私はやる。

 

人に要らぬ事をされても為すがままという人は、こういう私の行動を真似ようとする。

私の事を観察してるのだろうか?

突然、暴言を吐く。

この人、こんな事を言うキャラじゃない。

口の悪い私がこの間言ったセリフをそのまま言ってる。

 

しかし、言う相手がいない時に言っている。

気が弱い人の精一杯が、私の真似した暴言。

私の暴言を真似して嬉しそうにこちらを見てくるが…どう反応してやればいいのか分からない。

正直…そのおかしな行為にひく。

 

私は変わった表現をする。

「あいつ、頭蓋骨にアホの皮被せたような顔しやがって~」とか

「あんな奴、顔見ただけで頭足りへんの丸分かりやないか」とか

私はロクな口を利かない。

そんなロクでもないセリフをまんま私に聞かせようと言ってくる。

私にとても得意気に聞かせるように、同調してますよ的な表情も窺える。

私のセリフを使って自分も嫌いであるその人物を嬉しそうに罵るのだ。

本人目がけて罵らず、なぜか得意気に私に見せてくる。

そんな行為を見せられて、私は『奇妙な奴…』だと感じている次第である。

 

私の事を観察して真似をする。

仕事中、私が咳払いをすると、咳払いも真似する。

仕事で困惑した私が、ブツブツ独り言を言い始めると、そいつもブツブツ言い始める。

私が躓くと、そいつもわざと躓く。

この人、何がしたいのか分からない…。

何か…この人怖い。

状況読みできないんだよね

この人は他人から褒められて始めて、自分のやった事に自信が持てる人。

いつもは褒められる事でも、状況が違えばその行為は否定される。

でも、この人は状況が読めないみたいで、同じ行為を繰り返す。

だから、困惑が始まる。

 

この人は、言葉の裏が読めない。

自分が否定されている理由が、管理職がさっき本社から叱責を受けた八つ当たりだって分からない。

「違う!違う!」と自分のやった事を否定されているその「違う」は、さっき管理職が本社の社員に言われた言葉を他者に投げつけてるだけだって。

こんな幼稚な事を平気でやる管理職も問題なんだが…。

異常なまでに困惑してしまっているその人もどうかしている。

その「違う!」に対応しようと、下請け業者にまで波及させて問題を拡大させてしまう。

 

この人は状況が読めなさ過ぎる。

自分が言いたい事がある相手ではない人に、暴言を吐く自分を見せに来る。

自分が奇妙な行為を働いている事が分かっていなのは、その嬉しそうで得意気な顔を見れば分かる。

 

この人が何かアクションを起こすのは、相手の反応を見るため。

自分のやる行為に対して、相手の反応だけを頼りしている。

自分も含めた周りの全体的な状況は見えてない。

いつも、相手の顔だけをジッと見ている。

 

また、私に前に私が吐いた暴言を真似て吐く自分を見せに来る。

そして、私の反応を確かめようとジッと私の顔を見ている。

どう、反応したらいいのだろう…。

分からない…分からない…どうしたらいいんだ。

最近、この人と目を合わせられない自分がいる。

怖くて、その目を見られない。

その人の瞳に浮かぶ、私に対する熱い期待が怖い。

褒められたいんだろうか…?

肯定されたいんだろうか…?

同調を共有したいのだろうか…?

何なんだろうか…?

どうしたらいいのだろうか…?

コメントを残す