日本企業の女性差別「女性蔑視はなくならない」

日本企業の男女雇用均等法

女性も男性と同じように扱うようにって出来たのが『男女雇用均等法』

出来たのが意外と最近で30数年前。

そもそもこんな法律まで必要になる日本人の資質って超問題がある。

 

そして日本人というのは非常にルールや規則に厳しい。

そのクセ、ルールや規則は形だけのものとして扱うクセが強く、早々に形骸化した状態で取り扱うようになる。

要するに、『男女雇用均等法』なんて、形だけであってないも同然。

 

大手グループ会社の人事部長が口を滑らせた。

「この仕事で女なんか雇うつもりなんかないよ」

「性別を問わないのは、形式上そうしないといけないからだよ」

「女なんか採ったら、本部から理由を問い詰められるのは目に見えてる」

日本で一番男女の雇用に平等性がありそうなイメージの大手企業がこんななんだよね。

これが日本企業の実態ですよ。

 

とはいえ、女性をあえて雇う企業もあるよ。

男の見せかけ仕事のために、「やってます」を表現したがったんだろ。

『男女雇用均等法』をやってますという、男が得意な見せかけ仕事ね。

女性蔑視は性別の違いがある以上なくならない

女性蔑視は性別が違う以上なくならないと私は思っている。

『お前は女だからしょうがない』

こういう意味で言っているわけではない。

職場で『女性差別』や『女性蔑視』を訴える女性を見ていると、女性を蔑視して差別してるのがその女性なんだよね。

もちろん、男性にもその傾向は強い。

でも、その男性の持つ特有の性質に対して強い同調心を持ち、男性以上に女性を蔑視する事で、自分を特別な存在にしようという傾向が強いのだ。

 

『女をバカにする男は偉い人』みたいな思考を持っているようで、自分も男と同じように周りの女をバカにすれば、男と同じ立場に立てる。

女性に対して女性蔑視とも思える行動を取る女性たちのやっている事を見ていると、こう思えて仕方がないのである。

女という生き物は男に気に入られようと、男のやる事に同調する傾向が強い。

職場で女性に対しては露骨に言える事も、男性に対しては一切言わないという人が多いのだ。

『男性の方が会社での立場が高いため言いづらい』という状況を考慮しても、女性に対する女性の態度があり得ないのである。

 

『性別が違う以上女性差別は無くならない』

男に気に入られたい一心の女が他の女を邪気に扱う以上、差別が無くなくなるとは思えない。

男の気を惹く事で頭がいっぱいになっている女が、男のやる事全てに同調して賛同し唆してしまう以上、差別なんかなくなる分けがない。

他の女を出し抜きたいと欲望を剥き出す女が、他の女を陥れる事に必死になる以上、女性蔑視はなくなるとは思えないのだ。

男が女を小馬鹿にすると、それに便乗しようとする女が出てくる。

女が女を小馬鹿にし始めると、それを見た男が便乗しさらに事態を悪くする。

今後も女性の地位が上がる事は無いだろうと思う。

あったとしたら、それは形だけのものであり、形骸的なものであろう。

女性の雇用

男女雇用均等法なんて法律ができるずっと前から、うちの実家が営む会社は女性も同じように雇用して来た。

女性差別が今以上に激しい時代、そういう体制を作るのには相当な苦労があったようだ。

そのような体制を作ろうとしたのは、もちろん『女』である。

男たちからは猛反発を受け、それに追い打ちをかけてきたのが、事もあろうに女だったってのも聞いた。

 

幼子を3人も抱えて亭主に先立たれた女性が働き口を求めてきた。

受け入れたのは私の身内である女性である。

「男も女も生きていくのに必要な金は同じだ!」

「人を殺してしまう気か!」

この言葉で女性の雇用が始まったというわけ。

この女性の雇用に対して男たちは嫌々ながらも渋々受け入れたそうだ。

「男のクセに」って言われたらしい。

しかしその女性を邪気に扱い毛嫌いし続けたのが、何を隠そう女どもなのである。

 

昔の女性というのは『女はこうあるべき』という理想を守る事を教育されている。

そのためか、その理想から外れた事をする女を許さないのである。

そして、そういう教育は今の日本でも残っている。

男の言っている事が間違えていても、それを後押しするのが日本女性のたしなみなのか…いまだにそういう女ばかりのように思えるが。

 

うちの会社は歴代の社長の中に、1人だけ女がいる。

女として社長をすると、おかしな事が起こり続ける。

女に過剰なまでに否定されるようになるのである。

存在そのものを否定してくる。

男が否定的に接してくるのは想定内、でも女が女を否定するのは想定外だったようだ。

 

「女には自分の考えがない」

男が否定するのを見て、女は一生懸命否定し始めるという。

自分の考えがあっての事じゃないという事。

「女って…脳みそ入ってないと思う」

これが女性社長が女性の取る態度を見ての冷静な感想だったりする。

事もあろうに女性従業員が雇用主である社長を女として見て、女を剥き出し対立してくるとは…想定外の事態にもほどがある。

 

「女のクセに」と言われながら社長をやって来た女が言うには、

女を差別するのは男じゃない。

女を差別するのは、男も女も両方いる。

女の私を助けてくれたのも同じ、男と女両方いる。

ただ…女を女として差別するのは女の方が酷い。

だそうです。

 

『男女差別』というと、男VS女というバイアス意識を持ってしまいがち。

でも、「女のクセに」という差別の嵐の渦中の中を生きてきた女が言うに、

会社が自分に取って必要であると認識出来る者は、会社の代表が女だろうが何だろうが助けてくれる。

立場関係も何も関係なく、とにかく助けてくれる。

会社に何をしに来ているのかすら自分で分かっても無いような者は、仕事場の隅に固まって人の陰口ばっかり叩いてる。

頭の具合が足りてるか、足りてないかの問題なんだよ。

女性の雇用は止めましてん

本当言うと、うちの会社は女性の雇用は止めている。

『男女雇用均等法』なんて、所詮形骸的にやってればいいだけだからな。

止めたのは女性社長の時代である。

 

「女がいると職場の環境が悪化する」

女性従業員が女性である社長を敵対視し、男性社員に媚びを売ったりおかしな事を吹き込んだりして、周りの社員に社長に対する敵対意識を植え付けていったそうだ。

そういうマネをした理由は簡単。

女性従業員は亭主に離婚を突き付けられた年増の子持ちで、社長の方がはるかに若かったから。

何をとち狂ったのか、女として社長に勝とうと勝負を勝手に仕掛けてきた。

それに対して社長になったばかりで会社の事に必死になっていた女社長が「仕事の邪魔」と判断したわけ。

 

「女は仕事せずに男のお世話ばかりする」

女は仕事そっちのけで男の世話をしたがる。

男の顔色ばかり窺い、男が自分でやればいいような事をやって差し上げるが始まる。

これが原因で男の社員がクソ偉そうに座り込んで動かなくなる。

動かない男の社員が増えて、仕事でもない男のお世話をする女の社員。

これでは、会社が正常に回らなくなる。

男の顔色を窺う女は、男を完全にダメにしてしまうダメンズ製造機である。

こういう状況を放置しておくと、会社に生産性が失われる恐れがある。

 

「女同士で揉め事起こす」

女は情が絡んだ揉め事を女同士で起こす。

男に同情してもらおうと、自分勝手な揉め事で周りを巻き込むため、どうでもいいような事を大ごとにする。

会社の経営で頭がいっぱいの社長からすると、アホクサ過ぎて相手にしたくない存在。

 

「男に色目を使う」

年増の子持ち女が職場で男に色目を使っているのを見た若い女性経営者はこう思った。

『あのオバハン…何しとんねん』

『気色悪っ』

オバハンが女を前面に出すと、見てて気色悪い。

 

女性の雇用を止めるなんて、企業としてどうなんだと思うだろう。

企業が雇用を決めているんじゃない、雇用を決めているのは人間だ。

自分に差別意識を抱き、それをあろう事か行動に出し、業務を妨害するようなマネをする者を許せるか?

女として女を差別する女が許せなかったんだよ。

職場で男を巻き込んでやらかす事も全てがな。

女として生きるのが女

女の置かれた状況に不服を抱いている女性は多い。

職場でも、未だにそれをよく見かける。

 

男の社員は廊下にホコリの塊が落ちていても拾えない。

幼稚園の子でも出来る様な事が出来ないのである。

なぜなら、それはお家でお母さんがやる女のやる事だからである。

お母さん依存が如実に見られる男が日本にはとにかく多い。

 

会社の中でそのような事態に遭遇すると、女性社員を探し出しお母さんに見立てる。

「廊下にホコリが落ちてる!」

口調がキツイのは、こんな事すら出来ない自分を誤魔化そうという意識の表れだろうか…。

それとも日本男児であるボクちゃんは、いつもの如くパニックってしまったのだろうか。

男というのはいつでもどんなとこでも、自分のお母さんを探し求めている。

中年男が若い女性をお母さんに見立てようとしているのを見ると…何とも言い難いものがある。

 

ホコリの存在を男からぶつけて来られた女は、男が姿を消したのを確認すると、女に向かってやっておけと命令をし始める。

終いには、掃除の仕方が悪いだのグジグジグジグジ女目がけて感情をぶつけていく。

男の行動に対して不服を持ち、その屈辱感から自分はやるまいとする。

そして、他の女を利用して、自分の憂さを晴らす。

女は決して男にそれを命じる事はない。

女というのは、必ず標的を女に定めている。

一体、どういう心理状態なのでしょうか?

 

自分が必要な書類を探す男性社員。

なかなか書類を探し出せない男性社員が女性社員に向かってこう言った。

「書類の整理ぐらいちゃんとやっておけよ!」

ちょっとの事ですぐテンパる男というのは自分に都合悪い事が起こると、全部人のせいにする。

女は自分より目下だと決め込んだ物言いをするクセがあるのがよく分かる。

男に対して一切まともに物が言えないような男に限って、こういう行為が酷いようだ。

 

そして次の日、書類の整理をキツイ口調で言われた女性社員は、自分より目下の社員を呼びつけて怒鳴り始めた。

ファイリングされた1枚の書類を指さし、クドクドクドクドと非常に一方的な長い説教が始まった。

そして説教の最中、あり得ない事が発覚する。

その書類をファイリングしたのは、そいつであると。

引くに引けない状況に立たされ、相手が目下の女だからとばかりに、自分の失敗を相手に擦り付け説教しまくる。

 

男というのは自分がアホだと思われるような事も、相手が女であるとみると平気で出来る。

そして女というのも、相手が女だとみると見下し男と同じ事を平気な顔してやる。

男の取った行為で感情的になっている女というのは、男以上に執拗で粘着性を見せる。

 

これらの事例はつい最近私が職場で見たもの。

実際にはもっと酷いよ。

新入りとして入社して来た私に対して、自分のパワーを見せつけようとして、学歴の高い女性社員を呼びつけて、何がしたいのか分からんが一方的に言い込めようとした男もいた。

その分け分からん行為は、多分マウンティングだと思う。

すると、その直後にその女性社員は別の女性社員に対して、嫌がらせをやり始めた。

管理職に「お前がもっとしっかりしろよ」と言われた女性社員が、目下の女性を呼びつけて「もっと、しっかりしてよっ!」と金切り声で起こり始めたなんて事もあった。

 

分かるだろ?連鎖起こしてんだよ…。

 

器の小さい男が女に向かって責任転嫁や叱責をしたがる。

そうすると、そういう被害に遭った女が別の女を同じ目に遭わせるの。

男は必ず女を狙う。

そして女も必ず女を狙う。

狙われ標的となるのは『女』しかいないんだ。

これが日本の習わしだ。

己らで築き上げ、今もなおせっせと築き上げようとしている風習だ。

 

  1. 女を利用しないと生きていけないような男
  2. 男から利用される女
  3. 男から利用される女に利用される女

この3者のうち、職場で『女性差別』や『女性蔑視』を過剰に訴えるのって誰だと思う?

女を自分の憂さ晴らしに使おうとする女、②番の女だよ。

そして女性蔑視が無くならない原因となっているのも、同一人物だ。

 

男から女性であるという差別意識が含まれた理不尽な真似をされた時、それに対して男性に意見する女性を見た事がほとんどない。

男性に対して何も言わない代わりに、その差別意識が含まれた理不尽な真似を他の女性に対して働く女性が大半を占めていた。

女性差別を増幅させて、撒き散らしてんだよね。

女自身が女性差別を利用してんだよ。

しかも…無意識で。

そういう考えが、染みついてんだよ。

 

そういう女の行動見て、男ってどう思ってると思う?

『女は自分には逆らって来ないから、何を言っても大丈夫』

『女に言いつけておけば、女が女に全部やらせるだろ』

『女はバカだから、男の言い成りになる』

実際、男に対して逆らってはこないし、女にやらせてるし、言い成りだし…バカって思われるのも当然。

 

女だからって差別したり蔑視したりする人間は、男だけじゃないって言っただろ?

女であるお前の意識が変わらないのに、どうして男の意識が変えられるんだ。

女を一番バカにしてるのが女のお前だろ。

そういうお前を見て、男はお前を含めた女全部をバカにし始めるんだよ。

コメントを残す