日本企業には過剰要求する体制がある

過剰要求されるばかりの職場環境

職場の社員達のおかしな行動で、ある事に気が付いた。

社員たちに『防衛機制』の症状が出ているのである。

出ているのであるというより、出まくっているのである。

 

自分の事しかやりたくないとばかりに何があっても関与するまいという態度を取り、弱い立場の社員に嫌がらせとも言えるような行為を働き、屁理屈をこねて業務を押し付けしなくてもいいような事にガムシャラになっている。

ある社員がおかしなマネを私に対して行い、その行為について管理職と話し合い分かったのが、

『過剰要求』があったという事である。

しかも…『働き方改革』が原因だった。

 

働き方改革で業務改善を行わず、働き方改革を強く要求して数字だけを求めていた。

今まで長い期間をかけて要らぬ業務を増やすだけ増やし続けてきた管理職が、その業務は減らさないまま時間だけ詰めようとしていたのである。

要求が過剰になると人はおかしな行動を取る

人は強い要求を受けると、皆一様に同じような行動を取る。

自分がその要求から逃れようと、他人に向けてその要求を過剰にするようになるのである。

 

職場で要求する側の管理職。

この管理職も本社から要求される側の人間である。

彼らは、自分の時間を作ろうとしているように見える。

業務に関与するまいとし始め、会議と称して1日中個室に逃げ込んだり、業務を社員に押し返そうとし始めたり…。

 

残業時間を数字として求められているせいか、自分がその数字をとにかく達成する事に必死なのかも知れない。

業務放棄で自分の時間を作り、時間的に余裕を作ろうとしている。

その時間の余裕を使い、他の社員に「残業するな」とネチる。

残業の美学を語っていたような会社経営に関して完全ど素人のサラリーマンに業務管理なんかさせても無理なんですよ。

 

業務を減らすことなく、時間だけを詰めるというやり方しか思いつかないようで。

自分が過去に要求して作らせるようになった書類を、いまさら必要ないなんて言えないか?

管理職って立場だからやらなきゃいけない事も、管理職って立場があるから出来ません!…っと。

 

そもそも、今まで残業を強要していたような管理職もたくさんいる。

こういう人間が「残業するな!」と言い始めたら、周りの社員はどう思う?

信用できないだろ?

考え無しの能無しだったってバレた奴に、体制変えるなんてできると思うか?

管理職の不思議な行動

会社によっては肩書きをぶら下げた社員が山のようにいるような組織もある。

こういう組織体制で見られる、サラリーマンの取る不思議な行動って知ってる?

「やれ」って言わない。

「やらせろ」って命令する。

分かる?

やらせる事をもやらせるの。

自分がやらせるんじゃなくて、やらせる事すら別の人間に委託してしまう。

肩書き付けた自分の下に肩書き付いた社員が並んでると、これが出来るんだよ。

 

これ、どういう環境が出来上がるか分かる?

やらせる人ばっかりになるって事。

やらせる人が大量発生して、やる人に「やれ!」「やれ!」と四方八方から攻撃する環境になる。

この体制が『過剰要求』の原因だよ。

自分がやるって能力が備わってない証拠。

能無しに肩書き差し上げちゃってる企業が多いのよ。

 

『働き方改革』が『働かせ方改革』って言われてる。

でも、その『働かせ改革』すら、委託行為働いてるわ。

「やらせろ」⇒「やらせろ」⇒「やらせろ」⇒『やらされる』

これが、日本企業の方程式。

大半の人間がやらせるに徹して、何もやっていない。

平社員ですら、やらせる側に回り込もうとし始める。

これが日本企業の生産性の低さの根源でもある。

日本って会社で伝言ゲームやってるバカほど『偉い人』だから。

 

あのね…残業時間減らすのも、過労自殺を無くすのも、生産性を上げるのも

バカな奴から肩書き剥奪すればなくなるんだよ。

社員個人の意識を改革するには、会社がばら撒いた勘違いのタネを取ってしまえばいいだけなんだよ。

サラリーマンはバカだから、すぐに自分を勘違いしてしまうんだよ。

労働者の中にどうして労働を強いる奴がいるんだよ~。

会社の中に働く人間より働かせてる人間が多い

肩書き付けた社員が過剰に多い企業ほど、残業が多いんじゃないだろうか?

ロクに仕事も無いのに、どいつもこいつもが残業してたよ。

業務をまともに管理できないから、ビジュアル的に管理し始めるんだ。

『残業』=「仕事を頑張っている」

『残業』=「会社が儲かっている」

『残業させる』=「自分は管理業務を果たしています」

これが低能なサラリーマンの頭の中身だ。

会社経営なんて完全皆無を証明したのが『残業』だろ。

 

他人に要求するしか脳が無い。

他人に要求するのが能力だとでもいうつもりか?

アホでもできるわ。

アホほど自分で何も出来ないから、人に要求ばっかりりするんだよ。

要求された事を他人に要求するだけの九官鳥。

要求された事を要求させるバカ管理職。

見てらんねぇわ。

要求が垂れ流されるだけのトップダウン

要求が垂れ流されるだけのトップダウン構造が日本企業の特徴だろう。

要求を受け止める人間が途中過程におらず、全て下へと落ちていく。

途中過程に居るはずの管理職は、ただのザルという事になる。

受け止められず、全て漏らしてしまう。

 

管理職の下に管理職が居て、さらに下にはまた管理職。

自分に出来ない事を下へ要求として全部流してしまう。

管理職として垂れ流す人間を固定化する事で、自分が逃げやすい体制が出来るという事。

業務で何をさせるために必要なのか一切理解出来ないような管理職達だが、必要とするのはその上に立つ人間の『要求の垂れ流し』のため。

要求を達成させる事ができない自分が、達成させる側に回り込めば、自分は失態を犯してませんってね。

「自分は何もしてません!だから何も失敗はしてません!」って事。

優等生ばっかりだね、あんたの会社は…。

要求する人間に生産性は備わってないよ

要求するのは『仕事』ですか?

金になる事ですか?

ただ、要求するのを業務と見なしてしまう、その体制を考えなおしたらどうですか?

 

言われた事をだた言うだけの人なんて、会社にとってそんなに必要ですか?

言われた事を言うどころか、言わせるだけの人に使い道を見出してしまっている自分が問題のある人材だとは気づきませんか?

社員の反応見て分かりませんか?

アンタたちから自分の身を守ろうとしている事が。

 

要求するしか脳が無いから、要求する事に必死になってしまっている。

自分でどうにも出来ない人間は、思い通りにならない状況に焦るから、要求が強く過剰になる傾向にある。

社員達がおかしなマネをし始めたり、おかしな行動を取り出したら、少しは疑えよ。

そういう事をやらせている人間がいるって事を。

そういう状況を作り出してしまう人間がいるって事を。

そして、それが自分だって事をまず疑えよ。

 

自分が要求された事を他人に要求させる。

「自分は関係ない」をかます人間の手口なんだよ、これは。

そんなに関係ないなら、会社から出て行ってもらえ。

コメントを残す