熊本地震とハウスメーカー

ハウスメーカー

熊本地震で倒壊した家

熊本地震では、相当数の家が倒壊している。

何度も揺れて地面が割れてしまっているため、不可抗力としか言えない。

現地で住む場所や財産を失った人からすると、『不可抗力』という言葉は受け入れがたいかも知れない。

しかし、震度7が立て続けに2回も見舞われ、その後も大きめの揺れが何度も来ている。

この地震スゴすぎる。

熊本市内という人口密集地で起こってしまったから、余計に被害が大きいんだろうな。

ハウスメーカーが震源地入りしてる

ニュースで見たところ、たくさんのハウスメーカーが震源地に行って調査を始めているらしい。

今後の対策や製品の改良のためだという。

耐震基準もこの熊本地震を参考に、変更する可能性もあるようだ。

『大きな地震が来ても、住み続けられる家』

住む場所を無くした人が大勢出てしまったため、これが課題となっている。

 

阪神大震災、東日本大震災と大きな地震が来ている。

他にも大型の地震はたくさん来ているため、そのたびに仕様を変えて商品展開をしているようだ。

熊本地震で分かった『揺れ疲れ』や『軟弱地盤』の問題をクリアした商品が出てくるのかな。

確かにハウスメーカーは商品開発には技術を持っているからね。


ごめん、ハウスメーカーは信用できないんだわ

私の身内に地元で売り上げトップのハウスメーカーで家を建てて、完全にダメな家を作ってしまったところがある。

なんで、建てて1年で基礎から壁までバキバキに割れるんだ?

ハウスメーカーの営業マンに連絡すると「地震が来たんじゃないんですか?」と言われたらしい。

『地震が来たらこっちに責任はない!』

これがハウスメーカーの言い分だった。

大きな地震など来ていない。

大きな地震が来たなら、ニュースになるだろう。

来たとしてもせいぜい震度3くらいだろう。

っていうか、このヒビは地震じゃなくて、多分地盤沈下によるもの。

 

この敷地は埋め立て分譲地だった。

埋め立てたばかりの土地というのは、キレイに固まるまで期間を要する。

沈下しやすいのだ。

購入した側にはそんな知識はない。

家を建てようとハウスメーカーに依頼したら、期間を置いてしまうと他のハウスメーカーに気移りしてしまう可能性がある。

そしてハウスメーカーとは転勤族の吹き溜まり。

すぐに家を売らないと、自分の成果として数字が上がらないのである。

多分、その土地が埋め立てたばかりで、地盤沈下を起こす可能性がある事は分かってやっている。

もし分からなかったのであれば、建築土木素人に家という大きな物を売りつけられた事になる。

 

その営業マンは転勤していった。

ハウスメーカーが転勤を頻繁にさせるのは『売り逃げ』が目的なのだろうか?

タイミングが良すぎた。

逃げられたとしか感じない。

 

現場の施工を請け負った関連会社に連絡を取った。

「○〇ハウスと話をつけてくれないと、こちらの会社は動けない。」と、対応はしませという姿勢を崩さない。

私の身内は泣き寝入りというハメに落ちた。

私がその話を聞かされたときには、もう5年以上過ぎていた。

ハウスメーカーの内情を知ってる友人に聞いた

ハウスメーカーに派遣として仕事に従事している人に聞いた。

そのハウスメーカーでは働いた事は無いのだが、面接に行ったらしくおかしな事を言ってたらしい。

「うちの会社は全てオリジナルです。」

「使用するパソコンのソフトもオリジナル。他所の会社とは違うんだよ~、全て自社のオリジナルシステムで行っているんだ。」

「うちの会社に入って仕事について来れるのかなぁ?」

と言われたそうだ。

オリジナルという事は教えてもらわなければ出来ないという事である。

最初は教えてもらう事になりますと告げるとこう言ったそうだ。

「教えなくても出来なきゃいけない。」

なかなかの謎発言である。

『オリジナルだが絶対に教えない!』

なるほど…。

 

それを聞いて納得した。

私の身内があのような事態に合ってしまったのは、オリジナルなのに教育しませんという姿勢のたまものだと。

ハウスメーカーには関わらない方がいい

派遣としてハウスメーカー数社で働いた経験のあるその人が言うには、ハウスメーカーでの面接は全てこうだったという。

「教えません!」

「うちはオリジナル工法でオリジナルソフトです!」

「教えなくても、出来なくてはいけません!」

こんな事ばかり言うらしい。

どうなってんだ?ハウスメーカーって。

そして、仕事を始めると本当に教えないという姿勢を見せるらしい。

『オリジナル工法』を教えないとはスゴすぎる。

今日来た完全に外部の人に、全てをしてもらおうという姿勢でいるって…。

考えられないんだけど。

 

なんでもハウスメーカーというのは内部に建築経験を持つ者はほとんど存在しないという。

「設計くらいでしょ、建築の経験があるのは。しかも、ここ育ちだから使えないわよ、ハウスメーカーの設計なんて。」

「オリジナルしか知らないんだから。失業したら他じゃ持て余されるような人材ばっかよ。」

「しかも自社のオリジナル工法を物理的に理解できてない者も多い。マニュアルしかないのよ、ああいうとこは。」

最悪じゃん…。

ノルマや評価を重視しているから、能力がそれほどでもない人間が自分を評価してもらおうと考えてるから何も教えない。

入ったばかりの人間が出来ないのは当たり前。

けど、それをわざわざ「あの人できません。」と上の人間に報告しに行くバカが大量にいる。

それがどういう事を意味するのかというと、あの人が出来ないという事をアピールしているのではなく『自分は出来ます』という事を間接的にアピールしているようなのだ。


で、なんでハウスメーカーなんかで働くの?

なんでハウスメーカーなんかで働くのか聞きたくなった。

理由がこれまたすごかった。

「退職者が多いから、すぐに枠が出来る。」

「募集が消えても1年2年もすれば、すぐまた出てくるわよ。」

「建築の知識なんか持ってないバカ揃いだから、学歴だけあれば入るのが簡単。」

「でも、建築無能連中と仕事させられると、さすがに長く続けるのは無理よ。」

「ああいう会社で長期勤務できるのは、茶汲みくらいよ。だから茶汲みだけやってる女が花の無いオバハンばっかりだ。」

じゃあ、茶汲みに転向した方が良いんじゃない?

「茶汲みしか残れないから茶汲みの何も出来ないオバハンに役職ついてるハウスメーカーには呆れたわ。でもさすがにあんな情けない存在にだけはなりたくない。一応、学歴が建築だからね私は。派遣でいた方が自分のプライド保てる。」

 

ハウスメーカーというのは大手企業という扱い。

だから就活生なんかには人気があるようだ。

しかし、募集に応募してくる子はほとんど技術系の学部は出ていないという。

建築科を卒業した子はハウスメーカーを嫌うのだという。

『創造性のない規格化された商品』

『同じものばかりを量産する』

夢に溢れた学生には就職先として避けられがちで、『滑り止め』というポジションなのがハウスメーカー。

要はハウスメーカーの技術者は、滑り止めに引っかかったヤツって事か。

 

その『滑り止め』を第1志望としてがっついてくるのが、建築技能を持たない学生らしい。

大手やメーカーと呼ばれる企業を希望するミーハーで会社の中は溢れているようだ。

「だから、仕事のやり方がチャランポランなんだよ。」

なるほど…何か想像つく。

チャランポランのミーハー入社させて、教育は絶対しない。

 

「でも全く意味のない教育は熱心にやってるわよ。」

大きな声を出すとか、自己アピールの練習とか意味のない事ばかりして、自社の製品を理解させるという教育はやっているところを見た事がないそうだ。

なんで、そんな意味のない事してるのか?

「上に立つ人間がそのミーハーのチャランポランだから。」

嗚呼…そうなのね。

現場監督行方知れず事件

ハウスメーカーの現場監督はよく行方不明になるらしい。

現場の作業で確認の電話をしても出ないなんてのは当たり前なんだと。

1週間連絡取れないなんて普通だという。

面倒くさいから、わざと出ない。

でも現場を遅らせるわけにはいかないから作業を進めると、後からノコノコやって来てやった事にイチャモンをつけるのだという。

そして、また行方知れずになる。

要するに勝手に現場の方で進めるように持っていって、あとからイチャモン付けて責任逃れだけしっかりとするようだ。

 

そして本気の逃亡をする現場監督もいるらしい。

自分が何か失敗をした時、現場の図面をもったまま1か月近くどこを探してもいないという人もいたようだ。

現場で家が完成した時に、ちゃっかり姿を現したという。

そして、出来上がった家を見て、ヒョウヒョウと会社に帰って行ったそうだ。

こんな人珍しいのかと思いきや、かなりこういう逃亡劇を繰り広げる人は多いらしい。

社員が行方知れずってスゴイな。

家がグチャグチャになるのはノルマや歩合が原因

ハウスメーカーの営業にはノルマが存在する。

ノルマを達成すると、誰よりも金が懐に入るというシステムになっているらしい。

メーカーによっては、設計にもノルマがあるという。

ノルマが達成できないと『無能』という評価を受け、歩合が入って来ない事には今まで通り好き勝手飲み歩く事も出来なくなる。

 

もし、契約に至らなかった場合、責任の擦り付け合いに発展し、事務所内人間関係がギスギスしているという。

そのギスギスが原因で、伝達するという能力が欠損している組織だという。

顧客の要望や現場からの伝達事項が周知できない環境。

隣に居る社員は連携を取って一緒に仕事を達成する仲間ではなく、成果や評価を比べられる『敵』という位置づけのようだ。

隣に座っている社員が『敵』であるため、伝えなくてはいけない事はあえて伝えないなどという光景はザラのようである。

派遣だらけなの?

「うん、建築技術持ってない人間が全員正社員で、建築の知識必要な仕事を派遣にさせてる。」

「ハウスメーカーは建設業じゃなくて、接客業と思った方がいいわよ。」

「いくらいい製品を開発しても、それをまともに取り扱えないんじゃね。全く意味をなさない。」

 

肝心な事は外注や関連会社にやらせてるから、何もできないのは丸分かり。

現場監督なんか、現場で指示するのに必要な詳細図面すら作れない。

業者から詳細図求められた時の現場監督がとった行動はもう使えない子としか言いようがない。

ハッキリ言ってね、現場で手帳出して自分でその場で描けば済むような事を、事務所に返って来て設計に向かって「詳細図面がない!」って大騒ぎ。

現場管理の仕事してて、図面の一つも描けないのがハウスメーカーなのよ。

だから派遣や関連会社ばっかりでどうにかしようとしてるわけ。

 

分かるでしょ?

『うちはオリジナル工法だ。教えなくても出来なきゃいけない。』

この面接で放つ謎のセリフの心理が良く分かる。

自分達が出来ないから、教えなくても出来る人間じゃなきゃ困る。

こういう意味だよね?


やっぱりか…

私の身内が建てたハウスメーカーの家は、ほとんどが問題起こってる。

ほとんど全滅に近い。

地盤沈下で基礎も壁もかち割れるわ、水没するわ、挙句には契約金額を大幅に超える金額を請求してきたハウスメーカーもある。

 

ハウスメーカーは各地方営業所は本社が管理できないようになっているという。

その営業所を任された管理職が、自分の管轄下で問題が起こった事を隠さないと出世に響くから。

本社に隠れてコソコソしてるんだって。

そして本社には良い事だけを報告する。

なるほど…自己アピール練習しているだけあるな。

ハウスメーカーで家を買って問題が起きた場合は、営業所が対応しない状態に陥れられたら本社に電話をするといいらしい。

要するに、もみ消そうとするなら、直接本社に怒鳴り込めばいいという事。

 

管理不行き届きの酷さは、目に余るという。

地方営業所の管理職の使い込みを見たそうだ。

管理職の人間が家族旅行に行くチケットを会社の経費で確保したり、管理職同士の飲み代に使ったりとやりたい放題。

金の管理も出来ないようで、その金の管理を任されている社員も、管理職に気に入られたいという気持ちが強いらしく、せっせと会社の金を渡してしまうのだという。

バブルはじけた後でも、こんな事してるんだ…

ハウスメーカーの家は高い

なんであんなに高いわけ?

「高給取りが使い込みまでしてるんだから高いに決まってるじゃない。」

「しかも自分達が仕事放棄して、派遣や下請けに投げつけてるんだから。家1軒建てるのに絡んでる人間が多すぎるのよ。」

全部人件費って事か。

「景気悪くなるとどうするか知ってる?下請けに赤字背負わせるのよ。」

「下請け業者に飯食わせてもらうのよ。」

「あんな情けない会社ないわホント。」

「使えない人材削減もしないで、下請けの売上げ横取りする泥棒まがいの事してるわ。」

動かない営業マンや電話にも出ない茶汲み、建築ど素人の管理職。

使えない人材捨てられないのは、会社を大きく見せたいからか?

自分達で仕事を確保も出来ないような人間で会社を膨らませて、大きな会社のフリしてるのか?

 

本人たちは仕事をしているつもりらしい。

「本社への業務報告をするのに何時間も時間を費やしてるわよ。自分の上司にも報告して、そのまた上の上司にも報告して、本社にも報告して。」

「彼らは入社した時から、それを仕事と思ってやってるから、分かんないのよ。」

「それが利益になる事かどうかの判断がつかないのよ。」

「自分の懐肥やす事が、彼らの利益の概念だから。」

利益になる仕事よりも、そっちが優先順位が高いのよ。

東京本社だって、社員の報告読んでるだけの人がビルに詰まってるんだからね。

生産性の無いあのビルと中にいる数百人いる人間養うためにはどうする?

製品が高い理由が分かるでしょ?

本社の社員って何してるの?

「一度、本社の社員が開く研修とやらに連れて行かれた。」

それで分かったのが、自分で研修とかを企画して、それを本社で報告してポイント稼ぎしてる。

研修に内容はほとんど無かったらしい。

本社の人間数人で、自分達のポイント稼ぎになる研修とかを企画して、自分勝手に開いて仕事してるつもりになっているのだという。

 

ハウスメーカーに派遣として行っていた知人は、その時まだそこで仕事を始めたばかりだったという。

その入ったばかりの新入りを無視して、研修を開いていたという。

新入りを教育せずに、置いてけぼりにして研修とはこれいかに。

そして研修とは名ばかりのベテランの飲み会目的の会だったそうだ。

 

研修から帰って来た彼女は、エリアを管轄する管理職にこう言ったそうだ。

「あの研修は、正社員が自分の評価を上げる目的のために開いてますよね?技術面が向上するような内容ではないですよね?」

そう言われて、管理職は顔が引きつっていたという。

 

ポイント稼ぎに全力投球!

ハウスメーカさん、社員教育してくれる?

熊本地震で現地入りしてプロ気取りで調査するのはいいんですよ。

巨大地震に対応した製品を開発するのもいいんですよ。

その前に、自社の社員を教育しておいてくれないか?

ハウスメーカーで派遣をする知人は言う。

「無理よ。ハウスメーカーは上層部が全部建築の知識無い人ばっかだから。」

「教育されてないバカが、教育なんてどうやってするのよ。」

「あそこは体育会系を売りにしたバカの吹き溜まりよ。」

彼らの脳みそは筋肉なのよ。

コメントを残す