ネガティブワードを使う人に人を動かす事は不可能

ネガティブワードとポジティブワード

人というのは言葉の単語1つに対して、『ネガティブ』『ポジティブ』というイメージを持つ。

事にネガティブな単語には、過剰反応する傾向にある。

感情が先に立つのだ。

だから、人を動かそうとする時、ネガティブワードを引用すると失敗する事が多い。

 

人が過剰に反応するネガティブワードが、どういうものかと言うと、

『否定』を彷彿させるもの。

例えば…

「違う」

「止めろ」

「ダメ」

自分のやっている事を『否定』されると、人というのは理屈よりも感情の方が噴出してしまうのだ。

自分が悪気もなく言った事の内容の中の、たった1つの単語に相手は過剰に反応するのだ。

その状況下での表現方法としていくら正しくても、人を動かさなくてはいけない時に動かなくしてしまうのでは、その状況と人間という面倒な生き物の使い方として正しくないのである。

これ、ネガティブだわ

阿波踊りのニュースを見ていた。

「総踊り中止」

総踊りって何?状態の私。

多分、ほとんどの人が私と同じポカン状態に陥ったと思われる。

 

正直、ニュースを見ていても、よく分かんなかった。

徳島市が負債を抱えてしまっている事だけは、非常にこれはいかん問題であると思った。

 

で、事の内容どうこうはよく分かんないのでさて置いといて、私が引っかかったのがネガティブワードだ。

「総踊り中止」の『中止』である。

「今までやって来た事を否定し、これをもちまして崩壊させます」

そう、聞こえてしまうのだ。

そう言ったわけではないのに、そう受け止められる恐れがあるのだ。

 

そして、その言葉を放り投げられた踊り手側がこれまた…大人げない対応に出てしまう。

感情論ばかりを言い始める。

負債を抱えている相手に対して、踊るという気持ちの押し付けに走り始めた。

見てはいられない状況に陥る。

双方ともに平行線を暴走し、会話が噛み合う事がないのは想像に難くない。

 

あのね、ネガティブワードを使うと、相手が感情論に走り出してしまうの。

途端に「ディベートトーク」が始まるんだよ。

ディベートで得られるのは解決ではなくて勝ち負け。

しかも正論が勝つとは限らない。

だから、ネガティブワードは避けなきゃいけないんだよ。

仕事でネガティブワードを使うとこうなる

仕事で「人を動かす」事が、自分の役目である人も多いだろう。

そして、そんな役目を担っているにも関わらず、人を動かせないどころか無視されて避けられている人をよく見かける。

部下から存在を消そうとされている上司。

多いですね、こういう人。

あんたもう無理だ…人の上に立つポジション熟すの無理だ。

 

今、私がネガティブワード使ったの気付いた?

『無理』

これ、ネガティブワードね。

こういうネガティブワードは、どういう時使うか分かる?

相手を叩き潰して目の前から消してしまう時だよ。

自分の元で使い続ける人には決して使わない、潰して使えなくしてしまう人に対して使う言葉だ。

 

アンタをもう要らないと思ったから、そういう風に扱ったわけ。

要らないでしょ?人もロクに使えないような人材なんて。

 

さて、感情的になったところで質問です。

  1. 私の言った事を素直に聞き入れられますか?
  2. 私があなたの上司だとしたら、付いて行きますか?

質問の答えは『出来ない』のはずです。

「自分は出来る」と思った人は、嘘つき若しくは自分すら理解できていない人。

 

ネガティブワードを使うという事は、相手を聞き入れられない体制に持ち込む事になる。

その後は、ネガティブワードを使う人間を自分から遠ざけようと避けるようになる。

関係性が平行線になり交わる事がなくなる。

ネガティブワードを多用する人は『配慮』が掛けている

ネガティブワードを使うなという事は、ポジティブワードを使えという意味ではない。

陥れるような事をするなというと、アホは持ち上げようと反対の事をし出す。

人の扱い方を間違えるような奴は、間違いを指摘すると真逆の事をしてまた間違えるんだよ。

 

逆の事をすりゃいいとか思い付くような奴はバカ。

お前に足りないのは『配慮』だよ。

否定するってのは、相手に恥をかかせたって事だ。

別に間違えてもない事を否定されたらどうだ?

仮に間違えていたにしても、人はムカつくんだよ。

皆の前で自分に恥をかかせた奴なんて、到底受け入れるの無理だろ。

ネガティブワードは禁止しろ

ネガティブワードを使うとどうなるか分かってる?

ネガティブワードを投げつけられた当事者がどうこうなんて話じゃないんだ。

周りに居る人間全ての印象操作をする事に繋がるんだよ。

周りの人間はすぐにそういう風だと思い込む。

そして、そのようにその人物を扱うようになるんだよ。

 

ネガティブワードばかり発する上司が居る職場って、職場環境がとにかく悪い。

その原因がこの『印象操作』

上司の印象操作に釣られて、操り人形のように動き出す社員が多いんだよ。

お前の部下はバカばっかりだから、ネガティブワードに食いついてくるんだよ。

入れ食いのブラックバス状態だわ。

 

『職場環境の悪化』

これは管理能力不足と言われても仕方がない状況だ。

お前を管理能力不足の能無しに仕立て上げてくれるのは、ネガティブワードを投げつけられた社員ではなく、ネガティブワードに食いついてくる入れ食い社員なんだよ。

お前は、こいつらに陥れられるんだよ。

食いついて来た奴が悪いんじゃない、エサを撒いたお前が悪い。

入れ食いブラックバス社員の扱い方

ネガティブワードをエサにする入れ食いブラックバス社員を使うのに有効なもの教えてやる。

それは『ポジティブワード』だ。

ポジティブな言葉を投げつけると、面白いように扱えるようになるよ。

 

どうしてか分かる?

お前に似てバカだからだよ。

コメントを残す