大型リストラの予感…

今のニュースを繋げて考える

大手銀行が合併するというニュースを見て、

「そういえば…過去にもこういうシュチュエーションありましたっけ…」なんて思いながら見てた。

そしてちょうどその頃、大手企業の大型リストラもあったっけ…。

 

その時、リストラの対象者となったのは、『団塊の世代』

私の知っている企業では、40歳という年齢で線を引き、そこから上の年齢の社員をバッサリ切り捨てた。

『団塊の世代』というのは、第二次世界大戦後に生まれたベビーブームの人口が極端に多い年代だ。

 

そしてベビーブームには第二次ベビーブームがある。

いわゆる『団塊ジュニア』だ。

その団塊ジュニアたちの年齢が、今はその大型リストラ対象時の団塊の世代とほぼ同じに達した。

ニュースに現実を踏まえて勝手に考察する

団塊の世代と団塊ジュニアは、単純に言ってしまうと

『数だけ多すぎる世代』

これがいると、会社の組織構成が崩れるのだ。

 

大手企業というのは、退職率が極端に高い会社と、退職率が極端に低い会社がある。

その退職者がほとんど出ないというホワイティ―な企業は、社員構成が非常におかしい。

通常、会社組織の人材構成はピラミッド型でなくては、会社の経営面から見ても成り立たない。

なのに、今の企業の構成はきのこ型。

シイタケみたいな人材構成になってしまっており、頭でっかちでとても不安定で何とも言い難い不安を感じさせる。

 

仲良し同伴出張で群れを成してやってくる管理職のおっさん。

やって来たと思ったら、自分を魅せようとしているようなトークを激しくぶちまけ、何も結論がでないどころか更なる難題を会社中にばらまいて意気揚々と帰っていく。

こういった意味の無い行動をひたすら取る中年おやじというのは昔からいる。

これ、いわゆる『仕事からあぶれちゃってる人』なのよ。

あぶれてる奴らが目立ってきた。

目立ってきたというより、とにかく目に付いてしょうがない。

人数が多すぎると、あぶれる奴らも多いっちゅう事。

 

『団塊の世代』と『団塊ジュニア』には、決定的な違いがある。

『学歴』だ。

団塊の世代は戦争直後に生まれている。

時代背景に加え、兄弟姉妹も多かったため、学歴が付いていない。

戦後の復興でやる気を親に植え付けられながら育っている。

向上心が人一倍強いにも関わらず、学歴が付いていないため、登り切れない自分を痛感している人も多い。

 

そして団塊の世代は親となり『団塊ジュニア』である子供に、自分の果たせなかった夢を押し着せる。

そう、団塊ジュニアは『学歴だけやたらいい』のだ。

団塊ジュニアの時代背景には『バブル』の存在もあるからだろう。

そんな団塊ジュニアが会社組織に入り込んでくるとこうなる。

会社がホワイトカラーだらけ。

会社の中が、仕事からあぶれちゃってるオッサンばかりなのは、そのせいだろう。

他のニュースとこじつけて考察する

  • 企業の内部保留問題
  • 非正規雇用問題
  • 残業時間の規制

これらの問題になっている事は、目的は全て同じ事。

『会社が金を作ってる』

とにかく金をどうにか作ろうとしているのか、「経費節減」というみみっちい事まで盛り込んでくる。

鼻クソレベルの金まで惜しい状況なのである。

 

この金を必死になって作ろうとしてると、その理由は一体なんですか?と誰もが思う。

そして私の頭に一番最初に浮かんだのは、

「早期退職者の退職金を作ってるんですか?」

 

私の頭の中の図式はこうだ。

①会社の中で仕事にあぶれた中年が目立つ

  ↓

②また銀行が合併しそうである

  ↓

③そう言えば昔銀行が合併した時大型リストラあったっけ

  ↓

④会社が金を作る事に必死過ぎる

  ↓

⑤リストラ用の早期退職者の退職金作ってんの?

 

銀行の経営が不安定になるのは、企業が原因。

その原因を追究していくと、企業がタンス貯金に必死になっているという状況。

そのタンス貯金何に使うつもりなの?

もしかして、第2回大手企業大型リストラ決行ですか?

やはり、団塊ジュニアが邪魔ですか。

再び会社が派手なイベントを開催するかも知れませんね。

大手企業のリストラってこんなだ

『団塊の世代』がリストラされたって言っても、リストラ対象者は団塊の世代のみじゃない。

団塊の世代が含まれたその周辺世代全体。

団塊ジュニアだって、子供として生まれてくる時代が皆同じじゃない。

その周辺の世代全体的にちりばめられているのだ。

 

分かりやすく言うと、会社に同期入社の人間が多い奴ら。

そんなに要らないのよ、同じ年の奴ばっかり。

 

企業のリストラの目的は『数を減らす』んじゃない。

一応、合併や吸収で減らすには減らしているが、本当の目的は、

社員を『チェンジ』したいだけ。

現に大型リストラを決行した企業は、リストラを決行した後若い人材を次々に採用し続けていた。

年収1千万の中年リストラして、年収500万の若い子にチェンジしただけ。

早期退職者に退職金を多めにやってでも、こっちの方が得なわけ。

 

  • 社員の高齢化
  • 社員の年齢構成がいびつ

社員はこんな事何も気にはならないだろう。

でも、企業としては大問題。

組織を継続させるのに響くんだよ。

会社自体を合併や吸収で再構築させて、人材構成も再構築する事でまともにしたいんだよ。

 

かと言って、年齢構成をどうにかしようにも、若い人が少ない。

団塊ジュニアのジュニアがいないのだ。

何でいないんだろう…?

団塊世代はリストラしても団塊ジュニアというスペア人材が豊富にいた。

でも、団塊ジュニアはそのジュニア世代がいない。

 

ん~…という事は、

『働かない中年』を『働く中年』とチェンジするのかな?

まぁ、それも企業にとっては大変有意義な事だと思いますよ。

働かない中年も組織から放り出されたら、別の組織では働かされる運命になるしね。

『初心に返る』というか…

『初心に返らざるをえない状況に置かれる』というのも良い事でしょう。

 

人材をリセットして再設定し直せば、気持ちをリセットした人材が入ってくるかもね。

可能性としては…低いけど。

仕事が何かすら分かんなくなったような中年に、気持ちだけリセットされても使えるわけないし。

まぁ、雇用するのに金はかからないでしょ、前にいた捨てた中年よりは。

リストラは人事に与えられた業務ノルマ

テレビでニュースになるような大型リストラも、本部からの通達は通常業務のようにあっさりしたもの。

人事の上役宛てに1枚のファックスが届く。

そこには、リストラする人数とリミット期限が書かれているのみ。

いつもと内容が違うのは、リストラを完了させるリミットが極端に短い事と、対象者が異常なまでに多いという事。

 

大手企業は子会社や関連会社がかなりたくさんある。

各会社にファックスを送りつけるだけでも、かなりの労力だろう。

だから、いちいち問答には答えてはくれない。

「やれ!」

ただ、それだけ。

 

人事はリストラ対象者を厳選するような猶予など無い。

最初は、早期退職者を募るという本人の意思を尊重するようなやり方をするが、すぐさま一方的なリストラが開始される。

あるキリのいい年齢で線引きし、対象者を一気に作る。

そして、一気に消そうとし始める。

必死にノルマを果たそうとしている人事部長の姿を見ていると、『ノルマを果たせば自分は逃れられる…』なんて考えてるのだろうか?

サラリーマンって、自分がこの期に及んだ状態でも、すごく頑張ってくれる。

イベント開催間近?

今、過去に大型リストラをした過去を持つ吸収合併してできた企業にいる。

年齢構成が、超いびつだ。

大量リストラした会社に吸い込まれてしまった小さい会社。

ハッキリ言って見る限り、大量リストラしたにも関わらず、人材が再構築し切れていない。

ほとんどの社員が『団塊ジュニア』だ。

 

机の上だけで机上の空論を元に管理職を熟そうとする高学歴の団塊ジュニアで溢れている。

学歴こそあるが、大した事ない大学出で頭は悪い。

彼らのような仕事あぶれキャラが多いせいで、生産に携わる社員は仕事で手一杯。

肝心な業務には関わろうとしないクセに、要らないような書類ばっかり作らせる。

書類を作る人間よりも、書類を眺める人間の方が倍以上いるからだ。

 

仕事をしている風味を醸し出したいのか、必要のない事ばかりに精進しようとする。

どうでもいい書類のあら探しで、他の社員を巻き込んで自分の時間だけではなく、人の時間までもを消費する。

どうでもいいような事にばかり細かい追及を繰り返す彼らは、本筋の仕事から横道に逸れてしまい、それでもなおさらグングン突き進んでしまう。

「邪魔やな」

こいつら仕事してる人間の邪魔や。

やれ!

第二次団塊ジュニア世代大型リストラ決行しろ。

もう、いらん。

やるつもりなら、さっさとやれ!

人材構成再構築しないと、生き残れないぞ。

 

ゲームで勝てなくなったらどうする?

キャラ編成変えるだろ。

自分のキャラの育成で失敗したらどうする?

弱いキャラ全部売って、強いキャラに買い替えるだろ。

どうにもこうにも勝てない時にはどうする?

腹が立つから、全部リセットしやり直すだろ。

お前がゲームでやる事と、同じ事するんだよ会社ってとこは。

リセットするんだ、会社も人も。

コメントを残す