さんまの内臓食べる派ですか?「あの赤いのは何なんですか」

さんまの内臓食べる派?食べない派?

さんまの内臓は食べる人と、食べない人に分かれます。

内臓まで食べちゃう人は、食べた後のお皿がきれいで羨ましいな、なんて思ってしまう。

お酒を飲む人は、さんまの内臓も食べる人が多いのかな?

 

私はさんまの内臓は、食べない派です。

苦いもん…赤い何かがいるもん…

||||||||(* ̄ロ ̄)イヤ

あの赤いニョロニョロ何か知ってる?

あの赤いニョロニョロは…

さんまの、寄生虫だ!

イヤーー!!(゚ロ゚屮)屮

でも、食べられるらしい。

 

あの赤い虫は「ラジノリンクス」という寄生虫。

さんまのお尻の穴から、ウニウニ出てきたりもするらしい。

でも、人には寄生しない寄生虫だから、オプションが付いてると思えばいいよ。

 

さんまのボディに小さい穴が空いてるのも、寄生虫の仕業のようだ。

「サンマヒジキムシ」という種類の寄生虫。

見た目が「ひじき」

これも食べても、大丈夫。

基本的にさんまに付いてるオプション虫は、全て食べても大丈夫なのだろう。

(ノ*゚▽゚)ノ アンゼンダ

さんまの内臓は苦くて食べられない

さんまを食べていると、苦い内臓が身にくっ付いてくる。

苦い、苦い、苦い…

(o;TωT)o” ニガイ

大人の味がする。

 

うっかりさんまを焼き過ぎると、お腹が裂けて内臓が噴射してる。

赤いオプションが、熱さに耐えかねて飛び出してきたのか?

 

包丁で取ってから焼けばいいのだけど、赤いオプション虫が怖い。

ニョロニョロ系は、嫌いだ。

サワリタクナイ (=o=;)

ニョロニョロしてるものは、全部嫌いだ。

さんまの内臓を簡単に取る方法

さんまの内臓の取り方は、意外に簡単だ。

さんまの内臓が嫌いな人や、赤いオプションが嫌いな人はマスターしてみよう。

さんまのつぼ抜き

大地を守る水産担当の方が実演して教えてくれます。

分かりやすいです。

さんまをツボ抜きしたあと、お尻の穴の手前を包丁で切込みを入れて、流水で洗えば内臓は綺麗にとれます。

ぐるぐるとって

これは新兵器です。

頭を切り落とさなくてもいいので、綺麗な姿焼きに仕上げる事ができます。

ぐるぐるとってはサイズがSとMがあります。

Sは20㎝までの魚に対応。Mは30㎝までの魚に対応しています。

なので、さんまならMサイズでしょう。

これがぐるぐるとってです。

楽天で買えるよ。
↓  ↓  ↓
昭和ワールド ぐるぐるとって M

さんまをジューシーに焼く

「ためしてガッテン」でやっていた、さんまをジューシーに焼く方法。

【材料】

  • さんま
  • みりん

【作り方】

  1. グリルを3分余熱
  2. 10倍希釈にしたみりんを、さんま全体に塗る
  3. 塩を振る
  4. グリルで焼いて、皿の上で余熱で温めたらできあがり

両面グリルの場合は、7分加熱+皿の上で2分余熱。

片面グリルの場合は、表5分+裏4分+皿の上で2分加熱。

さんまを焼くとパサパサになっちゃう人は、試してみましょう。

 

日帰りトロさんま!どさんこファクトリーで買えます。

↓  ↓  ↓


どさんこファクトリー北海道

コメントを残す