あなたの社員を育てる方法は社員を潰す方法ですね

社員を育てているつもりの管理職たち

「新入社員の○○、態度が悪いんだってぇ~?」

そう隣の支店からやって来た管理職が言い出した。

すると周りの管理職がその話題に次々と乗っかり始める。

「○○は態度が悪いのか」

「社員教育し直さなきゃいけないな」

なんて…。

 

こういうシュチュエーションよく見かけると思います。

こういうの聞いて何も不思議に思わないって人は、社員を育てるなんて無理ですよ。

育てているという名目で、自分のために利用して潰してしまうだけです。

人の上に立つべき人間ではありません。

何もしない置物でいてくれる方が、よっぽどマシ。

自分が期待されてるなんて勘違い起こしてるから、こんな要らぬ事ばかりしようとするのです。

社員を問題視するのは自分に問題があるから

隣の支店の管理職が新入社員の仕事中の態度が悪いなんて、普段仕事をしているところを見た事もないくせに知っているはずがありません。

これを、いちいち隣の支店の管理職や社員に言いに行った人間が、この支店にいるわけです。

そんな事を隣の支店の社員に言って、何を解決するつもりなのでしょうか?

何かを解決するつもりがないのは、丸分かりですよね?

これを言ってきた社員本人が私欲を含んだ思惑を抱えている。

それくらいの事、気付きませんか?

 

何も関与していない人に向かって言い訳してるんです。

人って言い訳する時、その状況を知らない人を選んで言い訳するという人がいます。

そういう方法を選ぶのは、自分に否がある時。

自分がやるべき事をやらずに、その場から逃げた人がこういう言い訳の仕方を好んでします。

社員教育などを任せると、とにかくこの手段を使う社員が多発します。

 

新入社員に対して自分は何も施さない。

そういう人は、自分に後ろめたさがどこかにあり、聞いてもないのに自分で勝手に言い訳し始めるんです。

なぜ、何もしないか分かりますか?

『いい人』に見られたいからです。

注意したり教育したりするのが怖いのか、とにかくそういう事柄を避けて通ろうとする人。

誰からも好かれたいという私欲しかない願望を持つ『腹黒い人』が取る特徴的な行動です。

仲良しごっこを念頭に置く人というのは、教育するという行為がその仲良しごっこの妨げになると考えてしまうのです。

 

この手の社員というのは決して『いい人』ではありません。

いい人に見られたいという欲望を持つ『腹黒い人』です。

仲良しごっこに走るのも、真の目的は自分を守るため。

教育を放棄するのも、目的は自分のため以外に他なりません。

自分に大きな問題を抱えた人材なのです。

 

自分のために他人を利用する事を、幼い頃から自然と身に付けて育ってしまっています。

隣の支店の社員を利用して、自分を御立派な上司・先輩のように見せようと画策し始めます。

そして、その上司先輩気取りの画策に新入社員を利用したという事です。

自分がやらなきゃいけない事を何もしておらず、他人を利用して「さも自分はやってます」とばかりに見せかけようとしているわけ。

社員教育が必要なのは、この社員という事。

こういう事に気付けない時点で、自分も社員教育なんてするような立場じゃないって事だよ。

それ、分かってる?

傍観して感想を述べる管理職

いい年した管理職に就く人間のやっている事といったら、目も当てられない。

社員を傍観して、関係もない外部に向かってその社員に対する感想を述べている。

近頃の管理職というのは、こんな事ばかりしている者が多い。

人と関われないのだ。

こんな致命傷を背負ったような傷もの人材でも管理職になれる環境も問題だよな。

 

人と関われないのを誤魔化すかのように、関わっているかのように外部に向かって感想を述べ始めるのだ。

そして感想は基本的に否定で構成される。

優しいと「見ていない」と判断されると思い、厳しい感想を述べる事で「見ています」感が醸し出せると思っているようだ。

「態度が悪い」

「イマイチだな」

「もっと成長してくれなきゃ困るんだよ」とか。

言う事は具体性のない漠然とした表現が多い。

社員教育に関わっていない典型的な行動

社員教育から逃げるクセのある社員はとにかく多い。

こういった社員というのは、必ず評論家のように社員を批評するというクセがある。

批評する評論家というのは、言い換えるとこうである。

無関係であり当事者ではない。

他人事だから出来る行為が批評なんだよ、それ分かってやってる?

 

その批評行為に耳を傾け便乗する大バカタレがこれまた多い。

このような行為に及ぶ社員達が、上司とは呼べない先輩とは呼べない人材である事くらい分からないか?

昇給なんてさせる必要がないし、昇進なんて一生関係ないだろうこいつらはという人材という事。

こいつら全員、社員を育てるのには無関係な人達なのである。

外野から関与してこようと野次ってるような人に、社員教育で実績は上げられるの?

 

野球で例えると金を稼ぎ実績を上げられるのはプレイしている選手。

その選手を外野から野次っているのは、観客だ。

観客は金を貰ってする事ではない、金を払ってやることだ。

野次って金貰おうとするサラリーマンのやっている事が、いかに泥棒に等しいか分かるだろ?

 

それとも、自分は監督さんのおつもりだろうか?

お前んとこのチームは、一体何人監督がいるんだよ。

監督が選手の数より多いじゃないか…。

そんなに監督がいないと稼働しないのか、そのチームは。

元戦力外選手だった奴が監督なんて、あるわけないだろ。

社員を育てようとしている者は全く逆の行動を取る

『社員を育てようとしている人』なんて見た事ない人の方が多いんじゃなかろうか?

だから、そういう人がどういう行動を取るか知らないから、誤魔化そうとする人は真逆の行動に出てしまう。

社員を育てようとしている人は、誰にも何も言おうとしない。

それどころか、言うまいとし始める。

 

自分が育てている社員の出来がいくら悪くても何も言わない。

自分が育てている社員を問題視するような発言は一切しないんだよ。

何故だか分かるか?

お前らみたいな何もしない評論家に批判されたくないからだよ。

何もしない奴に意見される筋合いなんかないからな。

もし、そんな事自分から言ったら、その社員と一緒に教育担当している自分まで非難されるのが目に見えるだろ。

 

ベラベラベラベラ新入社員の事ばかり話題に出して得意気な顔してんのは、教育が行き届かなかったせいで何も出来ない人材になってしまったお前だけなんだよ。

教育係と評論家の違い

新入社員が入社してくると、自分のポジショニングを確保しようとする。

  • 教育する⇒教育係であり、先輩・上司というポジション
  • 批評する⇒無関係を決め込み、評論家行為に徹する

そして、教育が進行していく過程でこういう行動を取る。

  • 教育係⇒新入社員に対して教育するというアクションを起こす
  • 評論家⇒新入社員をネタにして、外部に向かってアクションを起こす

新入社員の教育について聞かれたら。

  • 教育係⇒滞りなく進んでいるように見せたがる
  • 評論家⇒問題があるかのように見せかける

教育係というのは教育に時間がかかる事くらいは周知している。

それを知らないのが、教育に対して経験値ゼロの奴である。

教育を任される社員というのは、新入社員の教育の事を数か月程度で、いちいち聞いてくるようなバカな奴に口出されたくないんだよ。

まとめるとこういう事ですわ

教育に関与せず逃げる社員ばかりの組織の中には、新入社員をネタにして非難・批評しようと待ち構えているような人間ばかり。

そんな環境の中で、自分から新入社員の教育の事を持ち出して問題があるかのように言うなんて、自分が非難されかねない自殺行為。

こんな自殺行為を教育をしている人間がするはずがない。

 

そんなマネを率先してやるのは、新入社員を非難すれば自分がさも教育に参加していると思ってもらえると思い込んでいるような人間。

自分が新入社員を問題視すれば、それに乗っかり一緒に避難してくれるという確信を持っている。

自分が人を非難したくてしたくてたまらないから、他人もそうだと確信を持っているわけ。

自分ソックリの逃げるクセのある社員に囲まれて、その仲間たちと『自分は教育する立場』という錯覚作業に勤しんでいるだけ。

 

幼い子供によく見られる典型的な行動だよ。

だから、見抜かれてるんだ。

事の分からない3歳の子供が、包丁がしまってあるキッチンの扉を開けてゴソゴソし始めた。

それを見た5歳の子供が、外で洗濯物を干しているお母さんに言いに行く。

これ、ありがちな光景だよね?

 

離れた場所にいるお母さんをわざわざ呼びに行く心理分かる?

もしその間に包丁が落ちたら…足、ちょん切れちゃうよね?

自分が過去に怒られたから、こいつも同じ目に遭わせてやろうと画策しての行為だよ。

母親に『危ない、危険だ』って教えられたはずなのに、それを認識せずに『怒られた』という感情だけを認識してしまった子は、こういう行動を取りがち。

『危ない』という認識が正しく出来ていれば、その場で自分がその行為を防止するはず。

 

「自分は出来るけど、あいつは出来ない」

「自分以外の人間が怒られたり非難されてたら嬉しい」

「自分は知っている、けど教えてやらない」

こんな感覚を大人になっても優先させてる人って、肝心な事が一切出来ない。

なぜ、肝心な事が出来ないのか?

それは、常に目的がこんな事ばかりで本来持つべき目的といつもズレてるから。

 

人に教育させるのに向いてないわ~って人の特徴。

  • 問題を見付けても当事者に言わず、なぜか別の人に言いに行く
  • 自分を『いい人』に見せようとする、その場しのぎの発言や行動が多い
  • 自分が誰かに対して行う全ての行為に、見返りを求めるクセがある
  • 褒められたい病を患っている、あまり褒められない人
  • 常に人を非難しようという意識で四六時中待ち構えているよ、うな性質
  • 何もしなくても何かが手元に転がり込んでくると思い込んでいるような棚ボタ思考
  • 自分を御立派に見せる事で頭の中が支配されている

もっと分かりやすく確率で言うと、こういう事。

100人社員がいても、教育出来る奴なんか1人居るか居ないかというのが現実

教育できる社員が1人居るか居ないかなのに、先輩気取り上司気取りの奴が組織には溢れるほどいるという不思議な環境。

その不思議な環境の中、肩書きを首からぶら下げてるだけの奴がいかに多いのかという奇妙な現象も起きている。

 

新入社員を隣の支店で問題視して非難するような発言をしていたのは、管理職だったよ。

業務中に隣の支店に行けるのも、業務中に隣の支店と電話でダべッてられるのも、この管理職2人だけ。

私も入社当初この管理職に、その行為を働かれたんだよ。

隣の支店の社員達の私に対する態度を見れば、そんなの見なくても丸分かりだよ。

だから彼らは、私からの信用は失った。

私は彼らを無視した状態で業務をしている。

何も言わないし、何も聞かない。

言う事なんかないし、聞く事も当然の如くあるわけない。

自分が教えてもらった覚えの無い人に、仕事の事なんか聞きに行く人はいないんだよ。

 

こんな外部に教育してるフリばかりに勤しんでるから、社員達から不審に思われて無視されてるのを肌で感じちゃってるんだろ。

相手してくれる無関係の隣の支店の人とばかり接触しようとしていく傾向が強い。

何かしようとしても肝心な社員達に無視されてるからね、外部の人間使って仕事してるかのようなフリで時間を熟そうと頑張り始める。

一体、何してんのお前ら?

一体、何してるつもりなのお前ら?

なんか…やってる事全てが痛々しいんじゃが。

社員を育てようとして潰してしまう名人は、すでに自分が潰れてるんだよ。

コメントを残す