裁量労働制「労働者に的確な裁量ができりゃ理想的かもな…でも、使えねぇ~」

裁量労働制ねぇ…

裁量労働制なんて制度の元で働いた事がないから、『裁量労働』なんて聞いても分からなかった。

なのでウィキって調べた。

多分こういう事だろうと思う。

「うちの会社のこの職種をこっちの言い値で受けろ」

「残業代は払わないし、月々支払う金額は一律○○円ね」

「仕事のやり方はあんたの自由だよ」

「仕事さえやってくれてりゃ、金はやるからさ」

こういう事か?

 

この裁量労働制で経営者や周りの社員達が求め始めるのは『成果』じゃない?

自由にやらせても成果が上がって来なければ、やっていないとみなされる。

労働時間が3時間でも0時間でも、みなし労働として「労働している」とみなしてもらえる。

しかし、これも成果が一切上がらないとなると、10時間働いても20時間働いても「労働していない」とみなされるという事。

要するにノルマを果たす事や成果を提示しなきゃ、成り立たない。

だって、日本人って自分の仕事の裁量なんてできるわけないから。

…ちゅうか、日本人には労働の裁量が無いから『働き方改革』なんて政府が介入しようとしたんじゃないの?

 

労働者には裁量が無いから、働き方改革が始まったんです。

雇用主にも裁量が無いから、働き方改革でルールに従わせなきゃいけなくなったんです。

日本人の労働における裁量は皆無なんです。

サラリーマンは金にもならないような事を仕事だと言い張るし~。

会社の売上げもロクに認識できてないから、売り上げも上げてないのに給料上げてくれとか昇進したいとか寝ぼけたような事ばかり言っている。

経営者は経営もロクに知らないようなのがほとんど。

 

こういうボケた人間がやり始める典型的な行為がある。

「認めてください~」

「認めてやる~」

こういうやりとり。

こういう金を生まないやり取りを重要視して来た日本のバカ企業が生んだのが「残業地獄」だよ。

決まりきった仕事の量なのに、それを無駄に時間ばかりかけて「頑張りました☆」ってアピールするのが、日本のバカ労働者。

そしてそのバカに「頑張ったね☆」と残業代を無駄に支払って昇格までさせ会社の利益を減らすという、経営無知としか言いようのないうすらバカの経営陣。

金になる仕事とそうじゃない事の区別すらつかない奴らに『裁量』を求めるか…?

“裁量労働制「労働者に的確な裁量ができりゃ理想的かもな…でも、使えねぇ~」”の続きを読む

残業規制で問題点が続々と…

残業規制が始まると日本企業は問題点だらけ

ある日、出勤すると女性社員が2人話し込んでいた。

「この仕事も○○さんにやってもらいましょうか」

「そうですね、私たちが会社を休むような事があっても、彼女が対応してくれたらスムーズですよね」

この女性社員2人は派遣社員の女性に自分達がやっている業務を全て覚えさせ、派遣社員に自分達をカバーさせようという魂胆のようだ。

 

ちなみにこの女性社員2人、片方が欠勤しても互いの業務はフォローせず、「彼女が休んでいるので出来ません」と平気で言ってのける強者どもである。

取引先から緊急の問い合わせの電話が来ても「明日かけ直してください」なんて平然と言う。

自分達は他の社員のカバーなどする気はないが、自分は困るからそれを派遣にやってもらおう…これが20年以上この会社に居座る2人の社員のオツムの中身のようだ。

残業規制がかかってくると、業務を時間内に終える事が出来ず、結局それを派遣に~なんて考えているっぽい。

 

他の社員が休んでも正社員の自分は関係ないが、派遣社員はそれを全てフォローできるように…。

『同一賃金同一労働』って何だったんだろう…。

しかも、彼女たちは出勤してくると、いつも話ばかりしている。

派遣の女性だけが、会社の掃除をしている状態。

放っておくと労働が全く同一ではない状況を自ら一生懸命作ろうとし始めるサラリーマン。

“残業規制で問題点が続々と…”の続きを読む

BPEC「業務改善して人件費削減する前に…やる事あるだろ!」

BPEC(ビーペック)で業務を可視化する

BPEC(ビーペック)というのは、業務可視化ツールの事。

社員が個々に抱えている業務を表や図にして見える化する事で、無駄な業務や業務負担の偏りを改善しましょうというもの。

BPECで『業務改善しましょうね』というもの。

そして、このBPECを使って見える化した図と表を見せられたわけじゃ。

 

BPECで業務改善する目的はこんな感じだ。

これは、あくまでも企業側が掲げている目的である。

  • 残業時間の削減
  • 人件費の削減

「残業時間が減れば~、人件費が減らせるの~」というのが基本の考えらしい。

各社員達の残業代を減らす事で、人件費を抑える事が出来るという考えなのか、不要業務をなくす事で人材を削減して人件費を抑える事ができると考えているのか…その辺が何を思ってやってんのか分かんないっちゅう感じやな。

“BPEC「業務改善して人件費削減する前に…やる事あるだろ!」”の続きを読む

残業規制「管理職が働き方改革の意味を分かってない」

残業規制で残業量を減らす企業

残業量を減らすために動き始めている企業が多くなってきた。

大手企業なんかは特に、こういう政府の方針には忠実に動く傾向が強い。

で、そんな中目につくのが管理職のバカな行動。

 

何のための残業規制かが理解できていないような行動を取りがちな日本の管理職たちよ。

過労の問題は残業時間じゃない。

原因は人だ。

そしてそれは、残業規制で動き始めた企業の中で、おかしなマネをし始める管理職を見ていると、こいつという存在が働き方改革で一番の問題であり原因であるというのが分かる。

残業規制で残業を減らす方法が分かんないアホどもの存在をどうするかが、本当の働き方改革だろうな。

企業ってバカだから、何か1つを社員たちに言いっ放しで言い付けてやらせる方法を取るから、結局働き方改革でまたおかしな揉め事起こしてるし。

しかも、残業規制をノルマとして社員に押し付けるという手段…。

自分がやらせてる事を自分が把握できてない奴多過ぎ…。

 

残業規制でおかしな事してる社員を見付けられるから、この機会に見付けておけよ日本の企業さんよ。

見付ける能力備わってない気もするが…。

それが見付けられないというなら、自分の存在が働き方改革にそぐわないという事だ。

管理職をやっていたにも関わらず、管理能力など無かったという事だ。

“残業規制「管理職が働き方改革の意味を分かってない」”の続きを読む

残業をしたがる社員「帰宅拒否症のサラリーマン」

残業をしたがるサラリーマン

残業ばかりしている会社のサラリーマンを、ポイント稼ぎの残業代稼ぎだと捉えていたが、ずっと行動や発言を聞いているとちょっと原因が見えてくる。

確証が取れないためあくまでも私が見た限りでの推測なのだが、仕事が無いのに残業したがるサラリーマンには特徴があった。

 

転勤族で単身赴任の社員は、帰っても誰もいないという理由で残業をしたがる傾向にあった。

そういうタイプは、自ら勝手にせっせと残業をしている。

よくいる意味のない残業を毎日毎日コツコツやってる、しがないサラリーマン像である。

 

それとは違う、他の社員に残業する事を強要する社員というのがおり、そういう行為に及ぶ社員というのは残業をしない日でも、飲み歩いて家には帰ろうとしない。

しかも、残業も飲みに行くのも、全て他の社員に強要して、自分に付き合せるのである。

“残業をしたがる社員「帰宅拒否症のサラリーマン」”の続きを読む

長時間労働が当たり前になってしまう理由

長時間労働が当たり前になる理由

長時間労働に悩まされているのは社員ですよね?

長時間労働を生み出してしまうのも社員なんです。

 

ある5代にわたって続く会社がありました。

その会社で残業漬けだった時代があり、3代目の時だけなぜか残業まみれ。

これが起こってしまった理由は社員の考え方。

 

3代目はいわゆるとっちゃん坊やだったため、会社を放ったらかして遊び回っているような人。

会社は全て従業員任せで運営しているような状態だったそうです。

そうなってくると、サラリーマンは残業をし始めるのです。

長時間労働は、会社の仕事を把握できる人間がいない環境で生まれるのです。

“長時間労働が当たり前になってしまう理由”の続きを読む

残業規制の強化「ワークライフバランス」

政府が残業規制を強化する

残業時間を減らすため、政府が労働基準法の36(サブロク)協定を見直すようだ。

1が月の残業時間に上限を設けるようだ。

 

それだけで、過重労働が減るとは思えないが。

アンタラ( ̄∇ ̄)アマイワ

 

厚生労働省に資料とかも用意されているから、読んでみるといい。

厚生労働省 時間外労働の好事例集⇒

内閣府 好事例集⇒

こんなもん作ってやらないと、自社の管理も出来ないような企業ばっかりなのね。

呆れるわ、日本企業って。

C= (-。- ) ヤレヤレ…

ビジネスだの経営戦略だの、分かったような口聞いてるような会社に限って、こんなことすら出来てないもんね。

やれって言ってやるような事じゃないのにね。

 

やたらめったらガムシャラに残業に走るのに、利益がさほど上がりもしていない事に気付いてないもんね。

規定を決めて投げつけたところで、日本企業は理解出来るかな?

でっきるっかな♪でっきるっかな♪

ハテハテ(。-ω-)ホホォー♬

“残業規制の強化「ワークライフバランス」”の続きを読む