話がつまらない人

つまらない人発見

飲み会の始まりからはとても快調に話の中心にしゃしゃり出ているのに、中盤辺りから話し相手が誰もおらず一人でポツン…となっている人をよく見かける。

そんな自分が置かれた状況に不服を抱いたような表情を浮かべ、ポツンと一人でヤケ酒状態。

職場でも、意気揚々と大声で話題を振りまこうとしている奴が、話題から一人また一人とじわじわ静かにフェードアウトされ、最終的にポツン…と独りぼっちにされている光景をよく見る事がある。

よくいる『つまらない人』である。

 

つまらない人は、リベンジを企む。

その結果、余計に無視られる。

その場で放置されてしまうのが、つまらない人の背負った宿命なのであろう。

つまらない人は面白くなろうと企む

つまらない人というのは、必ずこう考える。

『もっと面白くなろう』

『もっと面白い話をしよう』と。

 

前回の失敗を取り戻そうと、余計に大声を出したり、脚色を盛り込んだオーバーな嘘とも言える作り話をし始める。

そんなつまらない人に周りの人の反応はというと…

『こいつ…もう、いいや』

大げさなアクションをした事が仇となり、放置された後のつまらない人は見てはいられないほど惨めだ。

無視される理由が分かっちゃいない

自分が喋り出すと、なぜかじわじわと放置されていく。

たいていが、中年のオッサン。

あと、一人っ子もこの手が多い。

 

どうしてか、分かる?

『自分を構わせよう』としてるからだよ。

自分だけを構わせようって性格が放置される理由だよ。

話が面白いとか、そんなの一切関係ない。

 

人を押しのけてでも自分を構わせようとするその態度では、皆が盛り上がってる中に入っても一緒に雰囲気を共有できる人ではないでしょ?

自分を誰よりも優先させようとしている奴は、輪を乱すんだよ。

つまらない人の話し方

つまらない人は、とにかく自分が喋ろうとする。

自分が喋るために周りの人の話を押しのけ断ち切る事から始めてしまう。

自分の話す空間作りをおっぱじめてしまうのだ。

 

自分が話す空間を作るというのは、周りの人を黙らせる事。

どうすれば黙らせる事が出来るのかというと『否定』だ。

人の言ってる事を『否定』して、のうのうと喋り出す。

自分が話の腰を折った事にすら気付いてはいない。

自分がその雰囲気を盛り下げた事にも気付いてはいない。

全く空気が読めない『KY』なのである。

 

その否定から入るのは、無意識のクセのようで、自分がやっている事を理解出来てはいない。

中年のオッサンは家でそれをやっても、嫁は黙って聞いてくれる。

一人っ子は家でそんな事ばかりやっても、家族は可愛がって甘やかしてくれる。

でも、他人はそうじゃない。

でも、それが理解できない環境の中で生きてるのがつまらない人。

否定された人は話しを聞かない

人っていうのは、否定され自分の意見の逆説を唱えられると、話を聞く気にはならない。

聞きたくなくなるのだ。

例えそれが正論だったとしても。

 

ましてや、何を間違えてもいないのに、否定され自分の逆説を雄弁に唱え始める者が目の前に現れたらどうだろう。

話を聞く気が無くなるどころか、別の場所で話の続きをやりましょうか~ってなるわな。

 

つまらない人が放置されるのは、話の内容が面白いとかそんな事じゃない。

皆の話を聞く気を失せさせてから、話し始めるから。

話を聞く気もない状態に自分でしてしまってから、一生懸命話し始めてしまう。

当然、誰も聞いてくれない。

 

つまらない人ってのは、話し始めの取っ掛かりで失敗してるのに頑張っちゃってる人。

飲み会で独りぼっちになっちゃう奴は、人の話しをまず聞けよ。

自分の頭の中で出来上がってしまってるようなストーリーをいくら一生懸命口から発射しても、誰も聞いてはくれないんだよ。

ストーリーもオチも何もかもを準備して、ぜ~んぶ自分で言っちゃう。

その挙句に、自分の話しの感想まで自分で言ってしまう。

 

ストーリーを話しながら、そのストーリーへの感想も一緒に押し付ける。

全部、用意し過ぎ。

挙句には、ストーリーの面白ポイントも、自分で笑いの効果音を付けよる。

ここが面白いんですよ~と教えてくれているらしい…。

教えないと面白いって分んないって事だよね…。

それ、面白くないって事なんだよ。

 

自分をサービス精神旺盛と思ってるかも知れないが、独壇場を作りたがる自分勝手な奴なだけ。

自分を面白い奴だと思い込んでるようだが、話せば話すほど面白くもないどころか、人を呆れさせ怒らせる。

『面倒な人』だと思われてるにも関わらず、それに気付けない鈍さ。

気持ちが高揚し過ぎて、周りの反応が全く見えてはいない。

独りぼっちに何度なっても、自分が置かれた状況だけが一切分かってはいない。

コメントを残す